So-net無料ブログ作成

響の電車ばなし [きょうの電車ばなし]

11月がやってきましたねえ。
昨日はハロウィンだというのに、かぼちゃのパの字もない生活で、
(何かオカシイ)
今日は突然替わったバイトに勤しんでおりました。
何だか不思議な秋です。
いつもより随分暑いような……[あせあせ(飛び散る汗)]

正確には今日ではなくて、少し前の電車ばなしですが。


その日は少し寝坊した。
[雨]も降っていたので、焦り気味に原付に乗る。
駅に着いたら、いつもの車両付近のホームは長蛇の列。
これは座れんなあ。
なので、いつもと少し違う車両に乗った。

隣の席には若い女の子だった。
朝から時間がなかったのか、パタパタ化粧をしている。
私も時間のない時は地味にササっとファンデをつける事がある
ので、気持ちはわかる。


次の駅で金髪の男の子が乗ってきて、私の席の隣に立った。
まさに金髪だ[ひらめき]
申し訳ないけど当分空かないよ、この席!
それにしても乗ってきた時にはi-podのボリュームは立派に音漏れだ。
右手にはジャンプ。買ってきたんだねえ。
左手は私の後ろの座席の背のグリップを握って立っていた。
転ばないようにね。
流れる音楽は流行の曲で、おばさんの私としてはあんまり
聞きたくはない。クラッシックにでもしてくれろ。
それでもその時はそれほど深刻には考えていなかった。
この後あんな悪夢になろうとは…………[もうやだ~(悲しい顔)]

音がうるさいので、読んでいた小説の内容が全く頭に入ってこない。
ページがなんとなく進んでいくばかりだ。
ちなみに読んでいた本は随分前に買って、内容をすっかり忘れた
江國香織の「流しのしたの骨」だった。
ゆっくり流れる空気を楽しむ小説だろ!
そこで読むのを辞めた。

ちょうど20分を過ぎた頃。曲がJ-POPからメタルに変わった。
ハードロックとメタルの違いはちょっとわからんけど、何せそんな曲だ。
ま、私もそんなに嫌いではないがなあ。
音を大きく上げなくても、自然とボリュームも上がる。
そのうち隣の女の子も徐にi-podを出して聞き始めた。
はは~ん、うるさいからだな。持っているならその方がいいよ。
私も持っていたなら、そうしたいぐらいだ。
(時代遅れのCDウォークマンしか持ってないからなあ)
賢明な対処だ。と思いきや、
あら、彼女も若干音漏れ気味だ。
男の子の音漏れはもう音漏れ程度のものではない。
はっきり歌詞が聞こえてくる。
お-い!
今度はさらに女の子、ボリューム上げる。
根競べを始めたぞ!段階的に、お互いのボリュームを上げていく。
ジャンプを読み終えた男の子、今度は右手を私の前の座席に。
もう彼はノリノリだ。
指はビートを刻んでいる。
左手も始まった。
もう自分の世界にドップリだ。
このまま、自分の世界の海に沈んでしまうがいいさ。
今度は左手がデニムの足をパンパン叩いてる。
女の子、さらにボリューム上げる。
二人ともやめろ~ もう、死ぬいうねん!
しかし二人とも悪びれた様子もない。
血圧が上がるわ。
席を立つぞ、この野郎。
が、私が損をするだけじゃないか、それは。

それからしばらくして女の子の方は降りた。
果たして目的地だったのか、それとも根負けしての事か。
とりあえず、私の勝ちだ。
意味わからん。

私は通路側に座っていたが、男の子の騒音から逃れようと、
そのままスライドして窓側へ。
あ~、これで開放されるって…あんた。
やってしまった。
座席横に立っていた男の子に席を譲った形となった。
男の子、横の席に着席。
音は右耳から最大限に響く。
ヘッドホンとの距離は10センチ程度だ。
お前はドア付近にある、あのおさるさんとワニさんのポスターが
見えへんゆうのか!
近くで見て来い!
(可愛いポスターだがな)
朝からすでに30分以上続いたこの状態のストレスは最大限だ。
胃が痛なってきたなあ。
おばさんの胃にはこたえるわ。
そしてやっと乗り換えの駅についた。
この無礼な若者に無礼な制裁を加えようと、横柄な席の立ち方
をして報復しようと思ったら、

あら不思議。

彼は丁寧に足を引っ込め、私を通してくれた。
いい子じゃないの。
「ありがとう」
思わず言ってしまった私………[もうやだ~(悲しい顔)]
途方もなく単純な私だ。
電車は1分遅れで、無情にも待ち合わせ普通電車は目の前で
出発していく。
次にやってきた電車は15分遅れの新快速電車との乗り継ぎの
為、待ち合わせなのだそうだ。
あ~、ほーーーーんと今日はついてない。

トラックバック(0) 

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。