So-net無料ブログ作成
検索選択
功名が辻 ブログトップ
前の10件 | -

功名が辻 第38回 「関白切腹」 [功名が辻]

(勝手にサブタイトル「景定とお茶々様と対馬守」)
↓↓↓あらすじならぬ全すじです。ご注意あれ↓↓↓

一豊は秀次を説得する決意をしました。
秀吉からの命には逆らえませんし、一豊も秀次に伝えたい事もある。
千代に見送られながら、永遠の別れになるかもしれないと覚悟します。
もしかしたら、秀次の側近達によって殺されるかもしれないのです。
秀吉に逆らえばまた断罪される。八方ふさがりの山内家。
二人はそっと抱き合いながら別れを惜しむ。また逢える事を願って。

一豊は急ぎ、秀次に謁見を願いますが、前野氏や木村氏のガードは固い。
しかしなんで一豊達宿老達の方が偉いと思うのに、謁見するのに不破氏や前野氏に拝謁を願うの?ちょっと疑問でした。(無知なだけ?)もう若い者に専横されているように思う。
「山内対馬守の首をはねまする」と叫ぶ前野氏を止める秀次。
「かげさだ~」
言いにくそうですね。言えてないし。舌を噛みそうでひやひやするよ。

一豊の言いつけもあり、伏見へ旅立とうとする山内家の人々たち。
戦の噂もあり、人々は逃げ足速い。
履こうとした千代の草履の鼻緒がぷちりと切れました。なんだか嫌な予感。一豊の身になにか?
やっぱ気になるっしょ!千代は吉蔵や新右衛門達に自分は伏見には行かないと宣言。

その時一豊はというと、秀次の登場を控えの間で待っておりました。随分待たされている様子。
襖の影では前野氏たち側近が刀を抜いて、一豊達を斬ろうと狙っているし、一豊達もその気配を
既に感じている。緊迫~!
秀次は座るなり、一豊を責めます。「風噂だとなんで伝えない!」
一豊は秀次に太閤へ直々に申し開きをするようにと。二人の間に溝が生じたのも直接殿下と話さないからだといいます。単純すぎる気もしますが‥‥。(一豊らしい)
秀次も一度は秀吉への謁見を承諾しましたが、支度があるから数日時間が欲しいなどと。
数日なんて悠長な事を言ってちゃいけないんだよぉ~。やっぱり行きたくないんだあ。
すぐに行かなきゃ、秀吉の逆鱗はおさまらんのじゃあ。(山内家もその連座に‥‥)
秀吉の命で秀次を連行しにきた一豊を側近達は許すはずもなく、ふすまを開いて飛び掛ってきました。血の気多いなあ。危うし、一豊~!控えていた一豊達家臣も殺気だっています。
お、助平さんだあ。意外に剣客?
「抗うでない!」落ち着いた一豊の声が響き渡る。一豊、度胸すわってる。
千代の前のオドオド一豊とは別人のようです^^
秀次は悲痛な叫びを~。「行けばどうなる?」
そうなんだよね。行けばやっぱり斬られる気がする。
一豊はどうなるかわからないけど、行くように説得。自分の命が惜しいからそう言っているのではないのですよ。「わからないのに行けというのか」と責める秀次に一豊が言った言葉は、
「私の命とひきかえにお出掛けください」(命を奪ってなにか好転する?)
そこに現れたのはなんと千代です。やっぱり伏見には行かずに、一豊が心配で、また秀次が心配で
女の身で止めにきたのでした。こんな刃傷沙汰の中、やってくるなんて勇気があるというか無謀
というか(ありえない展開ですけど、ま、目をつぶって)
千代は秀次に「出家しろ」と言ってるよ。
頭に血が昇っちゃってる景定は今度は千代を斬りつけようとしました。
そこで、さっと身を伏せて一豊は千代を守ろうとします。一豊、素敵。無意識に守ってたのはやっぱ、愛があるからだよねえ。(何故か暴漢に襲われた陛下を守ろうとした美智子様を思い出した)
出家したからと言って秀吉の逆鱗は抑えられないんですよね。
「髪を下ろせば、命だけは‥‥」と必死に訴える千代の願いを汲み取った秀次は心を決めました。
「叔父上に逢いにゆこう!」
出世や栄達の為に血のつながる甥を道具として使ってきた秀吉。秀次はその秀吉の心が悲しくて、
抗って、乗り越えようとして頑張りすぎてしまったのでした。本人はずっと前からそれをわかっていたんだねえ。秀次の孤独と愛を乞う叫びが聞こえてきました。千代は秀次が可哀想で可哀想で仕方がなかったんでしょう。「必ずもう一度逢いたい」といい、秀次も「わかった」とうなずき
ました。「関白として最後の務めを果たす」秀次、一花咲かせる気です。
音楽がぶちって切れたのが、むちゃ違和感。
そしてこのシーンでも秀次、「対馬守」を噛みそうになってました。
これもまた言いにくそうだけど「お茶々様」も成宮君は言いにくそう。
この大河は噛みそうな名前がいっぱいでした。成宮君がお気の毒~。

でんでん太鼓をぶらぶらさせながら秀吉が秀次と謁見。こわ~。
秀次は関白職を返上する事を秀次に申し出ます。そして最後に関白として秀吉に言う。
「唐入の兵を一日も早くお引きください」
「多くの者を疲弊させ、自らは豪奢な城を気付くなど言語道断」
「天下は天下の為の天下、太閤殿下だけの物ではございませぬ」
秀次、ようゆうたあ!あんたは偉い!誰も口に出して言えなかった事を彼は太閤に言ったのです。
初めて、秀次が格好いいと感じました。最後にぱっと花を咲かせましたね。
秀吉は当然烈火の如く怒り、秀次はそのまま高野山へ幽閉されました。その後、秀次は切腹。
千代はその報せを手紙で知るのでした。千代と秀次の約束は守れませんでした。
前野将右衛門も景定も切腹しました。

お、秀吉の大アップ。覗き込んでいるのはいとしの息子拾君。
こわいこわい淀殿は上機嫌。だって敵対していた秀次がこの世から消え、もう怖いものなし。
目障りだからと聚楽第を取り壊し、そこに住んでいる秀次の正室や側室、まだ幼い秀次の子女達
を消すようにねだります。あの所業の裏に淀殿がいたという発想、なかなか面白いですね。
淀殿を徹底的に悪い奴にするのね。「お茶々は面白いわよぉ~」と永作さんに言った大石女史の言葉の意味、今わかりました。
39人の秀次の縁者達が京の三条河原で斬首され、その遺骸は大きな塚に埋められました。
「畜生塚」と名付けられたそうです。その中には伊達政宗の従妹駒姫も入っていたそうで駒姫は秀次の側室になってから間もなくだったらしい。秀次と顔を合わせる前だったという話もあり、父の最上氏も彼女の助命嘆願に尽力し、あと少しのところでその助命の許可書が届かなかったって話です。やはりむごい所業ですよ。秀吉と淀殿のやった事は!

秀次やその側近達、秀次の妻子達が非業の死を遂げ、一豊はむなしくなってしまったようです。
どうやら、秀次切腹のその日に一豊は説得の功を称えられ、加増されたとか。なんて苦い加増でしょうね。一豊の心の傷はまた一つ増えました。生きていたら辛いこともたくさんあるね。
蛍を寂しそうに見つめています。
「嘆いていても時を取り戻すことはできませぬ。家臣達の為にもだんな様はこれから先の事をお考えくださいませ」千代は一豊を励まします。
また、拾くんも一豊の癒しの一人。一豊は拾くんを山内家の跡継ぎにしてもよいと考え始めました。千代はうれしそうですが、家臣達、特に新右衛門は大反対。
槍の稽古を始めようとする一豊と拾くん。二人の槍練習が見れると思いきや、場面は変わってしまいました。がっくり(¥¥)

新一郎は掛川で城下を整えている康豊の所に告げ口に行っているし、新右衛門と吉蔵は拾くんの
事でもめはじめました。家臣達も康豊の子国松君擁立派と拾くん擁立派の二つに割れ始めている
し、嘘か誠か新右衛門は吉兵衛の夢まで出して、嘆いています。山内家のざわざわした空気を千代は感じ始めていました。
一豊は本当に拾くんが大好きだし、拾くんも千代も一豊も大好き。このまま、3人を仲良く暮らさせてあげたいと思うのに。千代はこのままではいけないという事を気付き始めています。
新一郎が掛川に行ったことを知った一豊は激怒。新一郎を詮議すると憤る一豊を止め、豊臣家の二の舞にならないように、後継ぎを考え直す事を薦めました。
一豊と千代は山内家の為に、そして拾くんの為に、彼を跡目に据える事を諦めました。
一豊は剣の稽古に励んでいる拾くんを呼び寄せ、つらそうに拾くんに事の次第を告げます。
「そなたに頼みがある。わしは多くの戦で人を殺めてきた。私は生涯その業を背負っていかねば
ならん。拾、そなたにその業をぬぐってもらいたい。仏門に入り、父を宿業から救ってはくれぬか」
拾くんと一豊の瞳を見ていると、二人の悲しみがものすごく伝わってきて、胸が痛くなりました。
拾くんは武士となって生きていきたいと思い、千代と一豊はその拾を後継ぎに山内家を託したいと
願っている。思い通りにならない事がせつない‥‥(TT)
その上、拾くんはもう随分前から自分が捨て子である事を知っていたのですね。(名前のせいじゃないの?)
千代と一豊に諭されて、聡明な拾くんは二人の気持ちを察し、僧侶となる事を決めました。
「山内家の血筋でないそなたを可愛がれば、そなたを憎む者も出る。そなたが仏門に入れば山内家の業をそなたが清めるとして感謝するであろう」千代は諭します。
拾くんの事を一番に考えての事なのだ。山内家が割れた後は恐らく、血の海となるから。
「父上のご加命であらば従いまする」と拾くんは一豊に言い、一豊も「父の命である」と拾くんに命じる。血は繋がっていなくとも親子であり、また固い絆で結ばれた主従なんだと思いました。
拾くんの後ろ姿が涙を誘うのよ。千代が抱きしめたくなるようなけなげさがありましたね。
この子役さんも芸達者です。拾くんも悲しかっただろうけど、一豊も千代も悔しかったと思う。

出立の朝がきました。寺までのお供は吉蔵。折りしも雪の降る日。
一豊は旅立つ息子拾くんの手首に千代からもらったあのお守りのてぬぐいを結びながら、「よいか、どこにいてもそなたは我らの子じゃ」と語りかけます。
拾くんはその一豊たちに淡々と別れの言葉を述べ、振り返らずに出立しました。
旅立っていく拾くんの後ろ姿に千代は叫ぶのです。「達者に暮らすのですよ」
母の声は涙を精一杯我慢していた拾くんの耳に届きました。
淡々としていたのは涙が出そうだったから(TT)ザ・滂沱

今週は新右衛門と吉蔵の碁のシーンがお勧めです。久しぶりに家臣のコントを見ました。
新右衛門がここにいてくれたら、もっと楽しかったかもしれないのに。

いよいよ来週はあの人の登場です。
秀吉も来週までなんですね。予告がいつもと雰囲気が違いました。


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

功名が辻 第37回 「太閤対関白」 [功名が辻]

(勝手にサブタイトル「刺されとるやんか」)
↓↓↓あらすじならぬ全すじです。ご注意あれ↓↓↓

先週から更新してなかったねえ。

スタジオクランクアップ後、ワイドショーを賑わせたお二人さん。
普段から和気藹々としている二人の様子を知っている大石さんが言った事を受けた二人の発言で
思わぬ大騒ぎになってしまいましたね^^
上川氏の「仲間さんの事務所にきかないと‥‥」という発言は想像できるだけに、笑いました。
言いそうだなあ。
彼のちょっとした悪戯心も感じます。(だって前の噂の時は事務所のガードの事、言われてたから)
二人の熱愛の真偽の程はどちらでも良いです。
(「どうでもよい」と投げ槍になっている訳ではなく、どちらの結果でも二人の事なので、ファンの我々は受け入れますよ。楽しく仕事してもらう事が見ている方も嬉しいですから。ダメならダメでもいいし、うまく行っているならそれなりに嬉しい^o^)
でもどうやらスポーツ報知のフライングだったようですね。

山内家では拾君が剣術の稽古。本日のお相手は祖父江新右衛門じいです。
千代は年寄り相手に本気で稽古をしている拾君を止め、じいを気遣う様子。
拾君はなんと聞き分けのよいお子でしょう。千代の言う事をすんなり聞いていました。
千代の言葉から、千代の”教育ママぶり”と一豊の”甘々パパぶり”が伺えます。
千代はどうやら怖がられているらしい^_*
新右衛門は聡明な拾君を認めているものの、山内家の後継ぎとなるのではないかと心配しています。「山内家はお世継ぎで揺らいでは成らんと申し上げているのでございます。」

もう一人の拾君、秀吉の子拾が誕生してから、秀次の身辺は一変する。
それでもなお、秀次は自分が関白職を譲られ、「豊臣の後継ぎ」と決められているものと気負っています。
先日、秀次に頼まれていた拾君の産着を納品にやってきた千代の前で、秀次はこれからの抱負を述べるのでした。
自分の立場の事は薄々はわかっていても、どうやらその事を自分自身では認められない気持ちなんでしょう。
そんな秀次の心を無視し、秀吉は重要な大坂城を拾に与え、自分は伏見に新城を築城。
淀にも大坂に入るように命じましたが、淀殿は奥ゆかしくも、それをご辞退。
淀殿のまたまた満面の笑み。こわい、こわい。腹の中は違うやろ~!
事実上の「後継ぎは拾である」と宣言したようなもの。
秀吉のそんな言動に危険を覚えた北政所は諫言を。
世継ぎは秀次と決められているし、唐入りの浪費などで諸将達は疲れ果てており、農民たちも不満を募らせているのですから。新城などと‥‥‥。
彼は諸将の大名達に私財を蓄えさせたくないらしい。
特に唐入りに参加しなかった家康や留守居役であった一豊達から出費をさせるようにするのが狙いであるようです。頭が切れる。一豊達、ご愁傷さま。

淀殿はやっぱり秀吉が大嫌い。
「もう触られとうない!老人の息、たるんだ肌、殿下には死の匂いがする。嫌じゃあ、嫌じゃあ」
痛烈なお言葉ですな。
上手がここにおりましたよ。
大蔵卿は「戦場には死の匂いはつきもの。これからは淀の方様と関白様の戦にございます。一日でも長く太閤殿下にはご存命いただき、その間に聚楽第の関白様を滅ぼさねばなりません。」
うわ~!秀次危うし。大蔵卿ににらまれてたんだねえ。
ま、大蔵卿がどうこういうよりも前に太閤の方が秀次の器量の小ささをよく知っているので、なんとか画策しようとしてますけど。

案の定普請はまたもや一豊が命じられました。秀吉の策略はお見事。
また出費じゃと嘆く一豊。自らの災難のみに心を悩ませている一豊。
それに比べて、さらに一歩先を行く千代。
新城普請の話を聞いた千代はまだ伏見城築城の意味に気づいていない一豊に解説します。
相変わらず、理解力のある女性です。
そして相変わらず理解力のない男性です‥‥>_< 「世継ぎは拾君のもの。伏見城が出来た時、殿はどうされますか?関白様のおられる京に残るか、太閤殿下が住まわれる伏見に居を移すか」 そうか、選択を迫られているんだあ。どうするのかな?殿。板バサミですがな。 アバンタイトルで言ってましたが、一豊には直属の上司が二人いた訳ですな。 私も一緒だけど、とてもつらい(TT) 前野将右衛門が山内邸にご訪問。彼は朝鮮出兵に参戦していたらしい。 随分出てきていなかったので、忘れていました。 突然、山内家に一豊を訪ねた将右衛門は一豊に大陸の様子を語ってくれました。 六平太は第一報で、この将右衛門が第二報ですね。 和議が成立したものの、二十万という軍勢を一気に引き上げるような金子も船も用意されておらず、 引き上げは随分と長引く事となる。大陸の厳寒の中で多くの兵が死んでいく事が予想されていた。 もう、秀吉はそんな兵の事を気遣うような心を持ち合わせていないという話。 大いに太閤批判の言葉です。 さらに、若返りの薬にするから虎を捕まえて来いと命じられた時には呆れたという。 飢えて草まで食べている兵達が聞いたら、どれほど嘆くでしょう。 ますます、第二次世界大戦の日本兵のようですね。 戦争を起こした者ほど、こんな現地の者の苦労を知らないし、気遣う心も麻痺してくるんですね。 ああ、嘆かわしい。 一豊と同じく、秀吉の家臣としては最古参の前野殿。 昔の秀吉の事を考えると、やっぱり悲しそうです。 落胆したからでしょうか?前野氏は隠居して、息子の景定に跡を継がせる事を決意したらしい。 ただねえ、息子景定は秀次側近の中で武闘派のリーダーとして秀吉に対抗することに懸命で、危うい存在なんだよねえ。ほんとにいいの?引退なんかしちゃって。 秀次の立場の危うさを知っている将右衛門は景定に秀次の生き残りの策を話します。 もう秀次が生き残るには、関白職を返上し、一武将として秀吉に仕える事のみ。 でも景定は聞かない。 風邪をひいた秀吉への見舞いと千代が作った拾君の産着を届ける為に秀次は秀吉に拝謁。 それにしてもあの産着、イケてないよね。千代らしくない、不作です。 秀吉は秀次の三歳の娘と我が子拾の婚儀を提案。 突然の申し出に困惑気味の秀次。 「若君様が元服されてから」と答えた秀次に秀吉は不愉快の表情を露にします。 ここで秀次は「有難いお言葉」と快諾しなければいけなかったんですね。 側近達は今回の婚儀の話を持ち出したのは「関白を返上しろ」という圧力だと主張する。 もう若き熱き側近達をとめられない。 この集まりの平均年齢の低さよ!若いなあ。 拾は秀吉の子ではなく、淀殿が他の者との間に作った子であると猛攻撃。 そりゃあ、あれほどの側室達が懐妊しない中で淀殿だけが二度も子を宿す事を疑う人々の気持ちはよくわかりますよ。秀吉さえもわかっていたかも。 ほんとのところはどうだったんでしょう? それを聞いた秀次は秀吉に会いに行きます。目を覚まさせようと進言するつもりでした。 拾を抱くように勧められた秀次ですが、拾は大泣き。 抱き方が悪いと叱責する秀吉。もう、拾だけが全てなんですね。この溺愛は見苦しい。 下がる時の不敵な淀の笑い方が小憎らしい。 秀次は淀殿と三成が結託して、豊臣家を乗っ取ろうとしていると秀吉に訴えます。 それに比べ、自分は幼い頃から人質となって、豊臣家を支えてきたと‥‥。 自分の言葉で、秀吉を目覚めさせようとしたのだけど、秀吉は目を覚ますどころか、秀次は秀吉を怒らせてしまった。やることなすこと裏目にでる~。 秀吉がここまで怒ったのは珍しいよね。 みるみる内に顔がまっかになっていくのがわかりました。無茶苦茶、こわいよぉ~ さすが熱演、柄本秀吉! 秀次は秀吉の逆鱗に触れ、部屋を退出せざるをえなくなってしまいました。 なんて不器用な武将。 うまく行かない事を苦にした秀次は思い悩み、酒と女色に溺れます。もうやけっぱち! 宿老達はみんな心配しているというのに。 もう、どうしてよいのかわからなくなった彼は逃避してしまった。 一豊と千代は秀次を諌める為に拝謁しました。千代は廊下に控えています。 もう、ベロンベロンですけど、秀次は。 秀次は一豊に思っている事をぶつけます。 一豊にぶつけたからと言って、何かが変わる訳ではないことは秀次にだってわかっているはずなんですよね。 でも、吐き出さなければ、心が崩壊してしまいそうだったんだよね。 一豊は一生懸命秀次に秀吉との話し合いを勧めます。 「いかなる立場になろうとも人は己の道を生きていくことができまする」 お、いつものヘタレ一豊と違うぞ!千代が腹話術師のように操っていたのかも。 千代を伴ったのはその為か? でも、言う事きかない秀次。それ以上に言う事を聞かない秀吉なんだけど。 優しく秀次を諭す姿は一豊の優しさを感じますよね。 千代も言葉を発しませんが、心配そうに眺めています。 ここで、秀次の隣にいた側室お宮とその母のお話をひとつ。 お宮は公家三条顕実の娘と言われています。 母一の台は顕実との間にお宮を生みましたが、顕実と死別した後に実家である今出川家に戻って いました。お宮にとって祖父であり、一の台にとって父である菊亭晴季は数々の娘たちを武将に嫁がせて、バックアップを得ていた貧乏公家の一人です。 (一説に真田幸村の母と言われている山手殿は晴季の娘とされてるものもあります) 夫を亡くし、実家に戻っていた一の台は父の勧めによって秀吉の側室であった時期もあったらしい。 茶会で彼女の美しさをみそめた秀次は一の台を側室の一人にしました。(一説によると正室) お宮も母に従って秀次のところにやってきていました。 義理の娘とはいえ、この娘も大変美しかったという事もあり、秀次はお宮も母に次いで側室にしたと言われています。 この所業はやっぱり批判を浴びますよね。 ですが、これも敗者の歴史であるので、真実はどうなんだかわかりません。 秀次にはその他にお辰の方、駒姫、池田信輝の娘など数多くの側室を有していたといわれています。戦国一の側室持ちとして有名ですね。 余談でした。 一豊は、完成した伏見城に引っ越していった数々の武将達とは違い、京の街に留まりました。 男気があるね、殿は!律儀だわ。 ほんとのところは「いかかなものか」と悩んでいるのでしょうけど。スタートダッシュ、遅れたか? 若い側近達は暴走しつつあります。仏の堀尾も彼らが暴走しないように説得をしようとしますが、もうなかなか言う事をきこうとしません。 秀次が秀吉に「朝廷と懇ろになりすぎるな」と釘を刺されていた先週。 側近達はそれにも負けず、秀次名義で朝廷に献金などをして手なづけようと計画しました。 他にも秀吉がせっせと朝鮮戦争の留守居役達に私財を貯めさせないように画策している中で、秀次は(側近たちかもしれませんが)それらの武将達にお金を貸していたという文献も残されています。 一氏も秀吉の恐ろしさを彼らに伝え、一豊も「あせってはならぬ」と諭しますが、もうこうなったら意地も手伝い、言う事なんかきかないよね。 一豊が一瞬、大人にみえました。(だから大人だって) 秀次謀反の噂は一気に京の街を巡り、側近達の激情と同様、止めることはできなくなりました。 北政所の元へ秀次の取り成しを頼みにいった千代でしたが、逆に北政所から「これ以上、秀次に近づかないほうがよい」と忠告されてしまいました。「山内家が危うくなるかもしれん」 人の口というものは本当に恐ろしいものです。 誰かがデマを流したら、それはどんどん一人で歩き出す。 真実とは違う事でも、一人歩きし始めたら、もう止められない。 こうやって、秀次の謀反はもう「真実」になってしまっていました。 一豊は三成から、秀次謀反の噂がある事を告げられました。 このままでは秀次の身は危なく、山内家も危うい。 関白を返上するように三成は一豊に助言。 しかし、関白の潔白と拾君成人後の譲位の心づもりを告げ、一豊は秀次を擁護しました。 宿老であるならば当然だよね。 三成は分裂を避け、豊臣家の存続を願うならば、秀次の関白職返上しかないと強く一豊に告げます。 そして呪縛をかけるのでした。「関白殿下のお命をお救いするのは山内殿、お手前方しかおられませぬぞ」 そんな事言ったら、プレッシャーに弱い一豊が爆発するから~、やめて~。 それでもなおも一豊は秀吉との対面を頼むのでしたが、三成は「ご勝手に~」と捨て台詞を残して 去っていきました。一豊、説き伏せられるかな? 狐さんがまた一人。(狐に悪いわあ) 大蔵卿局がこの噂の犯人だったのね。三成がずっと犯人だと思っていた。 三成も大蔵卿のやり方が好きではないらしく、やめるようにいいましたが、この狐さん(だから‥‥)は「なんのことぉ~」と惚けていってしまいました。この二人も犬猿の仲ですね。 秀次VS三成・淀・秀吉という単純な戦いではなくなってきたようです。 廊下ですれ違う一豊の前に、風邪が治っていないのか秀吉はばったりと倒れ、起き上がり際に恐怖の発言を。「わしにつくか、秀次につくか」と問いました。 体調、ばっちしじゃないですか。 わざわざ仮病を使わなくても、ちゃんと言えばよいものを。 普通に言われるよりもずっと怖いけど。 一豊、顔面蒼白。(メイクが黒すぎて、顔色はわからん) 多分、心は凍った事でしょう。どうするんだろ、殿。 いよいよ、秀吉と秀次の側近達は臨戦体勢に入りました。武装し始めましたよ。 景定を筆頭に多くの側近達が血判状を出し、宿敵三成と淀を討つと息巻き始めています。 いち早く、六平太はそれを気づき、一豊たちの屋敷に潜入。 天井から二人に近づいたところ‥‥‥。 気配に気づいた千代の反応に呼応した一豊は鴨居にかけてあった槍で天井を一突き! きゃあ~ 六平太、刺されてるやん。ひどっ! 一瞬深手かもと思いましたが、どうやら掌を少し負傷した程度であったみたい。 さすがの反射神経ですが、負傷した事は六平太にとっては不覚ですね。 でもよかった~!折角教えに来てくれた人を串刺しにするなんて ひどい話ですわ。前野将右衛門が捕縛されたということでした。 しかしながら一豊の槍の腕もすごいかもしれませんが、あの忍びの六平太の気配を読む力というか、こんなところにも千代の凄さを感じました。槍剣の達人のようではないですか(^^)この夫婦、敵なし。 千代、ほんとに何者? 一氏はその動向を見抜き、側近達から血判状を持ち出して、秀吉の元に持ってきました。 宿老なのに‥‥‥‥。目ざといけど、変わり身が早すぎる気がします。一豊はまだまだ秀次を救う事が出来るのではと悩み抜いているというのに。 秀吉は彼ら宿老達を「甥への補佐役」というよりも「こんな時の為のスパイ」として送り込んでいたのかもしれませんね。 それを一氏はよく感じていて、本来の役目を全うしたという事でしょうか。 一豊はその反対に秀吉の本来の思惑を気づいておらず、忠実に守るべきかどうか悩んでいる。 治兵衛時代から世話していた事も大きな理由でしょうね。 一豊、悩むよね。千代は秀次の事を息子のように感じているだろうし。 前野将右衛門は息子の計画を突きつけられ、秀吉の前に捕らえられました。 彼もこの謀略に加担したとされたのです。 秀吉は一氏に告げます。 「一豊に秀次を伏見に連れてこさせよ。もしも連れてこなければ一豊も同罪とする」と命じます。 うわ~、追詰められたぞ。王手だ。 さあ、どうする?一豊と千代。 ☆☆☆今週の初登場☆☆☆ すぐに消えてしまいそうですけど。 不破万作役の浅利陽介君。子役から頑張っていますね。 私が大好きだった小説「永遠の仔」のドラマ版でジラフ役をしていました。 「新選組!」で近藤勇の養子であった谷周平役も印象的。 それから「タイドラ」で落語家役でした。西田さんつながりなのか?


nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

功名が辻 スタジオクランクアップ [功名が辻]

功名が辻のスタジオでの撮影が終了したそうです。
あとは、なんと高知ロケだそう。とてもいい感じですね。あと少しがんばれ~
高知の撮影は20日から。
一豊の土佐入りは歓迎されなかったようですが、上川氏・由紀恵ちゃんの高知入りはきっと歓迎されることでしょう。楽しみです。(見になんていけないけど)
観覧者のいらっしゃるところで撮影されるものかどうかわかりませんけど、観覧される方、くれぐれも撮影の邪魔にならぬようにご協力くださいませ。ファンの皆様は節度ある方々と信じております。
(騒ぎたくなる気持ち、ちょっと分かるけど)

13ヶ月の撮影、ご苦労さまでした。なんとか「無事是名馬」の撮影が達成できそうですね。
ドラマの成り行きを楽しみにみます。

NHKニュースなどでは今のところこの様子は流れていないように思いますが、日刊スポーツの記事を発見しました。
↓↓↓↓↓こんな感じだったらしい。↓↓↓↓↓
http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20060914-89963.html

もひとつおまけ。
http://showbiznews.blog55.fc2.com/blog-entry-277.html

ちょっとしたハプニングがあった模様。
今週の土スタでちょっとぐらい流れるかしら??


nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

功名が辻 第36回 「豊臣の子」 [功名が辻]

(勝手にサブタイトル「千代、凶暴化(**l))
↓↓↓あらすじならぬ全すじです。ご注意あれ↓↓↓

秀吉の子鶴松が死んでしまいました。
たった一人の秀吉の血を継ぐ子(若干疑問は残りますが)。
秀吉の悲しみは大変大きく、葬儀で秀吉は発作的に髪を下ろしてしまいます。
それにならって諸将達も次々と髪を落ろします。
サラリーマン3人衆も落ろさずには済みませんでした。
だってみんなが我先に!と髪をおろすんだもの。
一豊達も大慌て。
官兵衛は最後まで苦虫を噛み潰したような顔で座っていましたけど。
結局髪を下ろしたんでしょうか?

千代は北政所の元に鶴松君ご逝去のおくやみを述べに訪れる。
北政所も余りの秀吉の嘆き様に、心を痛めている。
それにしても北政所に鶴松毒殺の疑いがかかっている様子。三成がそんな事を言っているらしい。
北政所は小田原攻めに同行する淀に鶴松を置いていくように命じましたから。
「その間に毒を盛っていたに違いない」と淀はヒステリックに息巻いています。
そんな噂や中傷には北政所は全く負けていません。内心は傷ついていると思いますが。
北政所は「世が乱れるのは石田三成の仕業じゃ」と思っているみたい。
益々、北政所VS淀殿・石田三成連合軍との確執が激しくなってきましたね。
側室に子が生まれた北政所としては面白くなかったでしょうけど、大変鶴松の事は可愛がっていたようで、彼女の事を「まんかか様(政所のお母様)」と呼ばせていたと言われています。
毒なんて盛りませんよ。
大蔵卿局は冷静に「次の子を‥‥」と淀に忠告。
子を生めなかった北政所に対抗するには子を生む事が一番効くと思っているらしい。
残酷だね、女の人の方が。
嫌なのかな?淀殿は三成の名を呼んでいました。三成に相談したそうです。
大蔵卿局も淀の三成への依存心は警戒している。

日を追うごとに秀吉は常軌を逸していきます。
諸将達が落した髷の数を見て、ご満悦。気持ちわる~
諸将達が一斉にひれ伏したとして嬉しいらしい。
葬儀では髪を下ろし、今度は唐入りを宣言。
海を渡り、朝鮮を落とし、大明国を侵略する計画。
北政所の制止にも言う事を訊かない。
しかし、大明国を攻める事は秀吉なりに何か考えがある模様。
でも「狂気」なのか、「そのふり」なのかわからないよ。

髷をおとして、おかっぱ頭の一豊。まさに河童だ。
肩に垂れる髪を少しつまんで、みつめてますよ。短くなった髪を気にしています。
その一瞥で、行きがかり上、落としてしまった髪への違和感が表現されていましたなあ。細かい。
ああ、剣殺陣でササっと揺れるあの長い後ろ髪はもう見れないのかあ?
あの束ねた長~い髪は好きだったのに~(TT)
ま、すぐ伸びるけどね。
夕餉の時はいつも殿はいっぱいやってるみたいですね。
最近、一豊の右手に杯を持っている事が増えてきております。
殿は少し強くなってきたのでしょうか?一豊はお酒に弱かったよね。
ご酒も程ほどにね。
お酒を飲みながら、千代と家臣達と戦談義。
千  代:「殿下を止める者はいなかったの?」
一  豊:「殿下が決められた事を止めることなんか誰もできないよ」
新右衛門:「諸大名の誰も喜んでない戦なのに」
吉  蔵:「でも今回の戦を喜んでる者もいるらしいです。福島氏やら加藤氏は領土を増やす時と息巻いてるらしい」
一  豊:「私だって掛川城の普請が終わったら、喜んで行くよ。奥州に出かけてる徳川様も殿下の意見に賛成してるらしいし」
千  代:「え~~?本当に?家康様らしくないですね」
そして噂の家康様へターン!

家康の腹の中はすごぉ~いね。真っ黒ですがな。
「明国なぞ、誰が行くか~」
陰では「猿関白様」などと秀吉の事を言っているし。
新しい領土を治めねばならない身であるから、色々しなければならない事があるのに、何でそんな事に出なあかんねんっていうところらしい。
無益な戦で大事な兵を費やし、お金を掛けるのは勿体無い。
忍びにご注意ください。狙われますよ。

案の定、家康は秀吉に書状を送りました。

「前略、関白様へ
 もし私が海を渡って、所領を留守にしたら、関八州にいる北条の残党達が再び息を吹き替えし豊臣の天下が危なくなりますよ。まずは関八州を鎮める事が大切なので、今回私は欠席~ぃ!よろしく~  敬具」
やっぱり出陣する気なしでした。千代さん、大正解!殿、不正解!
そんな家康を秀吉は「しょうがない。後詰めじゃ」と許します。家康にだけは甘い秀吉。
「あの狸とは寿命の戦いじゃ。」なんだってさあ。
「天下安寧の為には戦は続けねばならぬ。新たな敵を作らねば諸侯はついてこない。」
彼の考えはこういう事であったのですね。

北政所の勧めもあって、関白職は秀吉から秀次に譲られました。
そして関白であった秀吉は「太閤」となりました。
秀吉から新関白秀次にアドバイス
一、諸国の動きに目を凝らし、兵糧・武具の備えを怠らないこと。
一、えこ贔屓無く、政は公平にすること。
一、朝廷とは懇ろにし、よくご奉公すること。
一、茶の湯・鷹狩は良いけど、女狂いはしないこと。
秀次の豊臣家相続は安泰という事で、一豊達宿老は一安心という表情でした。
油断しすぎだよ。

ついに肥前の名護屋城に入る秀吉。いよいよ、唐入り開始ですよ。
秀次は留守居役で、残った一豊達は秀次の仕えて、京に留まっております。
掛川は弟の康豊に任せているんだってさ。
康豊は今や一豊の「第一の補佐役」になりました。兄弟仲が良いのは亡き母への孝行ですね。
嫌だ嫌だと言っていた家康もどうやら逃げられずに名護屋へ向う事になりました。
そのご挨拶に聚楽第にやって来たようです。
一応家康も九州に渡るようですけど、やっぱりあんまり乗り気ではない。
狸親父さん、秀次をよいしょしてましたが、腹の中はどんな風に思っているのやら‥‥‥。
黒狸家康、宿老達のだあれも気づいていませんですぜ。とほほほほほ

千代は関白になった秀次に呼び出されて、「源氏物語」の写本をもらいました。
全54帖ですよね。綺麗に製本されて、装飾も綺麗でした。
当時は印刷という技術がありませんでしたから、全て手で写している訳で、多分、相当高価なものであるに違いない。
書物を愛する秀次らしく、また書を愛する千代への相応しい贈り物でした。
幼少の頃は千代に世話になったからという事らしいけど、世話にやったのは一豊もなのに‥‥。
槍教えたじゃんかあ。
女性の方がやっぱり得か?????
その秀次ですが、秀吉をちょっと舐めてます。
彼は学問を大切にして政を行うつもりらしい。その学問が養父である秀吉には欠けていると。
戦ばっかりしている秀吉とは違う遣り方でやってやる。
気負いと慢心は紙一重。
彼はどちらかというと慢心気味なのでは?かなり危険ですね。
秀次に仕えているお小姓の二人。動作がぴったり合っていて、お見事!
子役さんだけど、練習たくさんしたんじゃないかな?
そろってるのが何だか可愛らしい。

コント担当の新一郎。戦大歓迎のようです。彼もかなり直球タイプ。
あの主にして、この家臣だよねえ。
拾達に剣や槍を教えております。
今週からオープニングに家臣達もちゃんと名前が出るようになりましたね。
もちろん、我らがドンペイさんの助平さんもご健在でございます。
千代に声を掛けられて、一斉に槍稽古を止めて付いてきた家臣達を新一郎は渇~!
拾チャンなんて、家臣達に両手を掴まれて、引きづられていってしまいました。
こういう家臣達の槍や剣の稽古には率先して、ご教授しているであろう一豊さんの姿がない!
あれれれれれ?殿は?というと‥‥‥。
今週も殿は固まっておりました。
殿は書物と取っ組み合いの真っ最中。山のような書物の中。
寝てるのか?と思うほど微動だにしない殿。
お~い!殿~。起きてたよ。動き、にぶいよ。つまらなそうですね。肩もこりこり。
もう一豊が活躍できるような合戦は期待できないので、秀次の御守りに専念するつもり。
それでもなお、まだまだけしかけるのね、千代。
五万石で終わるなんてとお尻を叩いていますよ。
ち:「旦那様はそんな小さな度量の人とはちゃうから」
か:「そう言ってくれても槍を振るう場がもうないねん」
ち:「これからの功名は槍一つでは果たせへんよ。槍を遣わんで、初めて新しい功名が得られるねんよ」」
か:「変な事ゆうなあ。槍を遣わんと、どうしたらええねんな」
一豊は千代の言葉に呆れ気味に、再び書物に目を落とす。千代は一豊の前に回って切々と語る。
まさに説教ですな。一豊は千代のその勢いに思わず、真剣に聞いておりました。
ち:「世の動き、人の動きをつかむのやんか。今の日本は太閤さんの心一つでどんな風にでも動く
世の中やから、太閤さんの心の動きを読み解くことが大事なんよ。若い秀次さんの代わりに殿がその世の動きを見極めなあかんねん!」
(最初の方でしゃもじを持って、「世の動きを見極める事こそが一国一城の主‥‥」と言っていた頃
が思い出されますなあ)
か:「そんな人の心をあれこれと読むなんて、あんまり私は得意とちゃうなあ」
一豊、若干逃げ腰。机を持って方向を変えていました。
そこで千代、さらに追いかけて机を叩く。ばし~ん、ゆうてましたで。こわ!
ち:「得意不得意言うてる場合やないやろ~。やらなあかんのやろ~」
そして優しく見つめ、
ち:「旦那様やったら、出来るよ」
うまっ!

あら~、なんと大胆な!
三成がいるところへ人妻淀殿がやってきた。見られたら危険なのに。
彼の肩にそっと頭を預け‥‥‥。三成は知らん顔だけど。
淀殿は秀次が関白になっているのが相当気に入らない。それは三成も同じみたいですね。
鶴松が存命であれば、鶴松の元に関白職がやってきた筈だろうから、その気持ちもわからないでは
ないですけど。
やはり秀次から関白職を奪うには彼女が新しい子を身篭る他はないみたいです。
心は決まっているといいながら、淀殿は三成に相談しにきたんだね。
「太閤の子を生んでみせる!」と宣言してました。
「変わらずに我を助けよ」 こわいよぉ~

大政所さんの体調があまりよろしくない。
元々旭が大阪に戻ってきていたのは、この母が体調が悪いと聞いて見舞いにきた時なんですよね。
こちらで旭の方が体調を崩し、世を去ってしまいました。
これってよくある看病疲れって奴だったんではないかと思います。
先週は旭が死に、秀長が亡くなり、鶴松を喪い‥‥‥。
このところ、秀吉は身内の人を多く喪いました。
母の命も風前の灯火です。
母が心に残す心配はやはり秀吉の事。秀吉を叱りつける事が出来るのはもうこの人だけになっているのに。
大明国を手に入れようとして、無謀を極めている息子の事が心配で心配でしょうがない。
おっかあは北政所に障子を開けて欲しいと懇願します。
病床の障子を明けると光が‥‥‥。光の先にはおっかあが丹精こめて作った畑が広がっていました。
おっかあの庭にはナスがいっぱい実りをつけておりました。
「藤吉郎が戻って来たらあれを食わせてやってくだされ。あいつは自分が百姓のせがれであった事をいつの間にか忘れてしもて」
なんて愛情のこもった言葉でしょうか。
風がおっかあの顔にあたる。「心地良い」と喜んでいます。
本当にこの大政所という人は秀吉に連れられ、引っ越した先の城で土を耕し、畑を作っていたといいます。
生涯、農婦として生きてきた女性です。その事を思うとこの人、秀吉が武将になった事を喜んでなかったんじゃないかと思う。
本当はこんな豪華な部屋でなくて、風のあたる畑で一生を終えたかったのかもしれません。

秀吉が名護屋から戻ってきた時にはすでにおっかあは亡くなっていました。
秀吉の着物と秀吉の顔の赤さが同じくらいになっていたので、少々驚きました。
きっと画面で見るより、赤いメイクなんでしょう。すごいねえ。
遺骸にはおっかあが亡くなるまで作ったナスが飾られていました。
大政所たる人の遺骸に手向けられているには不釣合いであるナスを見て、秀吉は「なんでこんなものが!」と北政所に問いただしました。
「あなた様に食べさせてやりたいとおっしゃっていました」
一豊と千代は北政所の側に控えて、沈黙していました。秀吉にかける言葉もなかったのに違いない。
嘆き悲しむ秀吉。かなり派手に泣いています。「おっかあ~」
大政所である仲は智・秀吉を生んだ後に夫に死なれ、後は再婚した。再婚した相手である竹阿弥と秀吉は非常に仲が悪く、幼くして秀吉は家を飛び出した。
秀吉は母を再婚相手に奪われたような悲しみを抱き、常に母を恋しがっていたように感じます。
そして生活の為に自分が再婚したばかりに家を出ることになってしまった秀吉を仲は哀れに思い、常に心配しつづけていた事を感じます。
この親子には何かお互いを求め続けている絆みたいなモノを感じていました。
現在の親子の関係よりもずっとずっと深い愛情で結ばれてたのかもしれませんね。
おっかあの顔に秀吉が食べたナスがふりそそぐ。(やめてくれ~!可哀想なおっかあ)
死を悼む派手な泣き方はやっぱり千代よりも秀吉の方がうまい。

拾は千代に紙の包みを届けに来ました。外で誰かに渡されたらしい。
開いてみるとそこにあったのは「鉄砲の玉」。
お帰り~!六平太。なんと千代とは10年ぶりの再会だそうです。
左腕を怪我していました。どこに行っていたのでしょう。
だから、その木枯らしはなんやねん。六平太が登場する時は木枯らしが吹くことになっているのか?
六平太はどうやら唐入りに参加していたらしい。激戦であったようです。
最初、大明国も突然の襲撃に驚いて大敗したけど、彼らの方がずっと戦力を持っている。統率力もある。
次からの戦いは悲惨な事になったらしい。
加藤清正も福島正則も心底疲れ果て、統率は滅茶苦茶だったという。
何だか第二次世界大戦の時の日本と重なってしまいます。侵略戦争はやはり愚かな事ですね。
六平太は本当に何でもお見通し。千代の上を行く人でした。
「豊臣は滅びるかもしれない。世の中には千代のようにまっすぐな人間ばかりではない。北政所や家康や淀殿のように虚や実を行ききして生きているものばかり。だから情にとらわれてはならぬ。情にとらわれていては生きていけない世が近づいてきている。」
まるで来週の予言のような‥‥‥。台本、読んだでしょ!
武将の道を行っていたら、もしかしたら、六平太こそが天下をとっていたかもしれませんね。
自由に生きる忍びだから、天下なんて魅力はなかったかもしれませんが。
千代に助言をしながら、何故六平太は涙を流していたのでしょう?
そっと頬に触れる手がなんだか切なかったんだよね。まさかお別れを言いに来たのかな?

淀殿、再びご懐妊。
秀吉もびっくり。果たして、本当に秀吉の子なの?
それにしても柄本さんの寒暖のある演技はうまいね。
大喜びした後にふっと静かになり、目を細めて真面目な顔で淀の懐妊時期を計算している。
そして、またぱぁ~っと明るい顔になり、にこにこ。「めでたい~!」
淀殿が生んだのは今度も若君だった。「拾」と名付けられました。
山内君ちの「拾チャン」と同じ名前。
通常、上司というか偉い人の子の名前が自分とこの子と重なった場合、遠慮して改名するようです
けど、もしかしたら、「拾チャン」はこの頃改名したかもと考えてみましたが、どうでしょう?
またしても秀次の立場が微妙。ふわりふわり波に揺られる小舟のように危うい立場の人です。
拾の誕生の祝いの辞を述べる為に秀吉を訪ねていました。
今度は一豊をお供にせずに、前野景定がお供。もしかして宿老達はすでにけむたがられているのかも。
「豊臣を継ぐ者の一人として‥‥」という秀次の発言に秀吉の感情のスイッチがON!
「豊臣を継ぐと申したか?あまり力入れなくてもよいよ。それに公家に取り入り過ぎ!あまり過ぎる
のはいかかなものかなあ?」だってさあ。
「朝廷と懇ろになり」ってやつだあ。
関白職譲位の際に戒めとして言っていた事の3番目にあったモノです。
ちゃんと秀次は従っていたのに、今度はそれがよくないと戒められました。
あんたが言ったんじゃないかあと逆らう事もなく‥‥。秀次、か~いそう~(TT)
ほんとに翻弄されますね。
秀次は一豊を介し、千代に赤子の産着を依頼。
秀次の心の内を思うと千代も「喜んで!」と快諾する気分ではない。とても複雑そう。
殿も相当心配しています。
実子に家督を継がせたいと思うのは一豊達にもわかるよね。

来週は山内家の危機です。

☆☆☆今週の初登場☆☆☆
なんと、瀬川亮君のご登場。役は前野景定。秀次謀反のキーパーソンとなる人物になるらしい。
石倉三郎さん演じる前野将右衛門の息子かしら?秀次の近習なのね。
瀬川君は朝の連続テレビ小説「ファイト」で馬の調教師をしていた主人公の憧れの人の役で出ていましたっけ。舞台でもご活躍の若手の俳優さんですね。
最初、名前を見た時はピンと来なくて、景定の登場の時でも誰だかわからなくて、再放送のオープニングで「瀬川亮って誰だっけ?」と頭をひねって初めて思い出しました。
鬘被ると顔って変わるものですね。
我々もヘアスタイルというものがいかに大切かわかりましたよ。
それにかなりファイトの頃よりも痩せている気がします。だからかな?

川野太郎さんのお名前もありましたけど、ほとんど出番なかったですよね。
嘗て大河で「炎立つ」というドラマがありました。
このドラマもとても好きでした。もう一回みたいドラマの一つです。
川野さんはその中で主人公の藤原経清と同盟を組んで都軍と戦う東北の豪族安倍氏の次男宗任を演じられていました。冷静な人物の印象があります。
榊原康政の役です。家康が信頼を置いていた武将の一人。康政の娘の一人は秀忠の養女として池田氏に嫁いでいます。家康にとって遠縁の人なので、信頼は厚かったんでしょう。


nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

功名が辻 第35回 「北条攻め」 [功名が辻]

(勝手にサブタイトル「二人の世界~♪」)
↓↓↓あらすじならぬ全すじです。ご注意あれ↓↓↓

拾チャンの為にショッピング中の千代。
旭と別れた後に消息を絶っていた甚兵衛さん、めっけ~!
供の者に見張らせて置いて、千代は屋敷に大急ぎで戻りました。
あ~、あれだあ!旭から託されたお手紙だ。
大事に保管していた文を千代を持って、甚兵衛に再会。彼は針の露天商人となっていました。
甚兵衛たら、とぼけていますよ。とぼけても無駄だよ。わかるんだってばさ。
無理矢理文を渡した千代。
その後、千代は殿に咎められていました。
武士というものならば、千代は彼をそっとしておいてやるのがいたわりだといいます。
でもね、殿、千代は旭に頼まれてたんですよ。
殿のいう事にも一理ありますけどね、旭の気持ちを彼に伝えねばならない千代の役目、汲んでやってくださいな。
旭はどうやら病のようです。大坂に戻ってきているらしい。もうあまり良くない模様。
この人は薄幸の女性ですよね。
甚兵衛はもう逢わないと心に決めていたのでしょうけど、そっと夜あばら屋から抜け出して、旭の手紙を読んでいました。その内容と言ったら、悲しい。
最期まで旭は甚兵衛さんを思っていたんです。
どんな姿になろうと生きて欲しいという強い想い。甚兵衛は旭に会わずにはいられなくなりました。

秀吉達に知れようものなら、あるいは処罰されるような事。千代はいつも大胆です。
彼を「甚兵衛を知る針商人」として、旭の病床に連れてきます。雨は降りしきる。
一豊に知れたら、またたしなめられるよ。千代だけじゃなくて、殿も処罰されるかもしれないのに懲りない千代さん。だけど、人間としては素晴らしい事だと思う。
北政所はあまり良い顔してませんけど。
何も書かれていない手紙を甚兵衛は読み上げます。勧進帳じゃないんだから。
甚兵衛の固い決意。この世で添う事が出来ないなら、あの世で添い遂げよう。
だから元気になれと。
旭に甚兵衛の心は伝わったかな?
最期に会えてよかったのかな?
甚兵衛は再び消え、旭はこの世を去りました。
旭の亡骸を運ぶ葬列は山内家の前を通り、千代と一豊は静かに旭を見送りました。
葬列は豪華なものであったという事で、市井の人々は口々に噂をしていました。
ちょっとそんな街の人たちは見苦しかった。道端で人の噂話をするのは慎みましょう。
悲しいニュースなのに、他人事のように世間話をする事は、その当事者が側にいようといまいとやってはいけない事なのですね。人を傷つける事です。大河で教えてもらっちゃいました。
甚兵衛さん、それを聞いていたたまれなかったようです。分けいって、解散させていました。
人々が散っていった後に、「旭~」と叫んでいた声はとても悲痛で、涙を誘いました。
ストーリーブックの方では、どうやら甚兵衛さんは旭の墓の前で自刃したらしいのです。
一豊達のように生涯添えるという事は本当に幸せな事なんですね、この乱世という時代は。

小田原征伐が始まりましたよ。
一豊は嬉々として出陣します。留守居役や普請役ばかりで腐っていたから、嬉しいんだね。
康豊もなんと初陣ですよ。一豊も康豊と一緒に戦える事が大変嬉しそう。
ですが、なんと家康謀反の噂もあり、秀吉軍一丸になってという訳ではなかったようです。
信長の遺児信雄がなかなかの野心家で、家康と組んで、小田原に寝返る計画を立てていました。
山内勢は布陣した後、兄弟二人と重臣達で杯を傾けていた所、なんと上様のゲリラ訪問を受けました。
その足で上様は一豊達を連れ、家康と信雄の密談現場へ乗り込む。ゲリラ訪問が好きですね。
秀吉の突然の訪問によって、二人は密談をする事を諦めました。
家康と信雄は秀吉軍として従ったそうです。秀吉、なんて荒療治。

一豊達は北条家の支城を落とします。山中城ってところらしいです。
待ってました!上川隆也氏の剣殺陣が‥‥‥。速い、速い。むっちゃ速い。(かっけ~!)
彼の殺陣は新感線の舞台「SHIROH」の時に格段のスピードを得、所属劇団の「TRUTH」でもみんな
を驚かせております。綺麗な剣だと思うの。
専門家に言わせるとスペードが速いと軽い剣になってしまうという事で、あまりにも速いとよくないそうです。
この間、滝田栄さんの剣殺陣をテレビで見ましたが、確かに彼の剣の重さ‥‥‥
とても重厚でした。
でも上川氏の殺陣のこの速さ、好きだあ。
槍使いに続いて、剣の殺陣は素晴らしかった(^^)/見れて満足、満足。
康豊の助けもあり、無事に城を落としましたが、城主一家はすでに自刃していました。
まだ幼い子と共に死出の旅に出たこの山中城主の姿を見て、父の黒田城を思い、これからも主君を見誤る事の恐ろしさを一豊達は実感したのでした。

一段落の着いた小田原に千代も行く事になりました。
淀殿が呼ばれ、自分は招かれなかった北政所はちょっと拗ね気味。
荒々しく手紙を侍女に渡す姿は笑えます。
「『鶴松を置いて一人で行け!』‥‥‥と命じよう」と言った北政所の顔が迫力。
遥々訪れた淀殿に秀吉は嬉しそうですが、淀殿はそんな秀吉の心に知らん顔。
その対比がなんともコミカル。
そして、その横で山内夫婦は再会しました。
見詰め合う二人。じっと見詰め合う‥‥‥。見詰め合う‥‥‥。
「千代~!」と何度も呼んでいる上様を二人はひたすら無視。
ほんま完全無視かい!
二人の世界が広がる~^^ ♪ふ~たりの為~ 世界はあるの~
二人の周りに何だかわからない空気が見えました。
一豊45歳、千代33歳。何とも幸せそうな夫婦だわさ。
茶々は三成の妻と会いたいと言います。これがまたこわいこわい。
会いたいという言葉の中に「どんな女か見てみたいものじゃ」っていう嫉妬心を含んでいて、いやいや怖かった。
さらに三成の作ったという小田原の新しい街を誉める、誉める!
やっぱり茶々は三成の事を愛しているんだねえ。
だから、尾張の者は嫌い。近江の者は頭がよくて、好き。わかり易い女性だね。
ちなみに茶々の筆頭侍女(市の侍女でもありました超Bigの声でか侍女)は尾張出身なのだそうです。しっかり仕えてるのに、可哀想じゃん。

北条氏は4ヶ月で落城。論功行賞が行われ、諸将達の褒賞の分配がありました。
徳川家康は東海を召し上げられたが、関八州240万石を手に入れました。
秀次も伊勢などを得ました。
一豊はというと‥‥‥。
ついに掛川五万石!久しぶりのレベルアップです~♪レベル15
サラリーマン3人衆の内の二人、中村一氏は14万5千石、堀尾吉晴は12万石。
あら~?今回は一豊さん?拗ねませんよ?
いつもだったら、「わしだけ5万石じゃあ」と拗ねそうなのに。
ちょっとは大人になったかな?
さすがは千代!秀吉の思惑をパーフェクトに分析したようです。何でもお見通し。
秀吉は狸の家康を手なづけ、3人をその番人として配したという事。
関八州を与えたのは、家康に対しての座敷牢だそうです。
殿はとても重要な役目を負わされていました。頑張れ!殿~。
「ゆめゆめ意地の悪い牢番になってはいけませんよ」と一豊に諭す彼女はさすがです。
それにしても千代はイカを干しながら「他のお歴々はイカが?」って、駄洒落過ぎです。
「あれはあれでいいんですか?」って上川氏のプロデューサーへの訴えが聞こえそう。
(「天保~」の副音声聞いてる人しかわかんないかあ‥‥‥。すみません)

あの秀吉の弟である秀長が亡くなっちゃたんですって。大好きだったのに。
知性があって、律儀で‥‥。好きな武将の一人なんだけど、もう出ないのね。
それに脇役だったけど、千利休殿も自害した。今回は有名な人はスルーしてます。仕方がない。
黒田官兵衛や竹中半兵衛、松永弾正にもスポット当てたからね。
そして、秀吉の愛児鶴松君が夭折しました。
可愛い我が子を亡くした悲しみを知っている山内夫婦は多分、誰よりも秀吉の辛さがわかった筈。二人とも、特に一豊はとてもつらそうでした。
またまた豊臣家に波乱が‥‥。翻弄される秀次‥‥。

なんと来週はあの六平太が再登場。待ってたわん。

ところで山内家の家臣でまあるい赤鼻のお人をご存知?役名は出てきませんが、彼は「助平」さんと名付けられている家臣です。
市や茶々の侍女をしているBigな女性がとても目立っておりますが、それに負けず、目立っておられるご仁でして、私はかなり気になっておりました。
調べましたところ、土平ドンペイさんと言われる方でして、Web日記を持ってらっしゃいました。
リンクしておきますので、また興味のある方はご覧下さい。
さるさる日記 ドンペイ通信
 http://www5.diary.ne.jp/user/514361/
私的には彼の誕生日の日記がお気に入りです。
(え~?上川氏がちらっと出てきてるからだけじゃん)
「2006/07/15 (土) 02:23:22 うれしいなぁ」の回ね。
ドンペイさんの人となりが出ていて、良い日記ですよ。


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

功名が辻 第34回 「聚洛第行幸」 [功名が辻]

(勝手にサブタイトル「♪あ~、ずる休み~」)
↓↓↓あらすじならぬ全すじです。ご注意あれ↓↓↓

あらあら、カメラ目線からのスタートですか、千代さん?!
千代から赤ちゃんへ、赤ちゃんから千代へ。
捨て子ちゃんをあやすお顔、ちょびっとだけ変な顔‥‥。でもか~いい^^
もうすっかりおかあさんのお顔ですね。愛情がいっぱい。
カメラワークで驚くのは屋敷を横に切ったカメラの動き。
「新選組!」で使ったクレーンの横移動版でしょうか?屋敷を一気に横に駆け抜けた感じ。
これまた新しい方法です。あらゆるパターンをやって見るの気でしょうか?
授業のつもりで見てみましょう。(撮影パターンサンプリング?)
家臣達はどうやら、この子を育てる事は反対の様子。
あの新右衛門さえも嫌がっているようです。
まあ、”我が子として育てる”発言の千代さんは翔びすぎてると思いますけど。
「赤子を山内家の前に捨てると、山内家で育ててくれる」などと噂が立っては、捨て子が絶えなく
なってしまいます。
それだけでなく、子のない山内夫婦が育てるということは、山内家の養子となるに等しい。
しかも男の子。
唯一の男子となると山内家の家督を継ぐということです。
捨て子が山内家の跡取というのは非常に都合が悪いことなんでしょう。家臣がついてこないんだってさ。
それにしても驚きですね。新一郎夫人が静止画でしたが、初登場。かなりBIGな人でした。
子福者のようです。すでに子供がいっぱい出来ていました。子沢山は父親譲りです。
赤子の乳母はこの新一郎夫人ちぐさになりそうです。

北政所と淀殿のご対面ですね。
正室と側室ということで、座り位置は寧々が上座、淀殿が下座で一段下でした。
主家の女だった彼女としては屈辱でしょうが、淀殿は全くひるんでいません。
あ~、こわいよ、こわいよ。茶々の笑みがむっちゃこわい。なんであんなに満面の笑みなの?
不気味だわあ。
「聚洛第に行きたい」という茶々の願いを寧々は許さず、「城を賜るだけでも他の側室は怒ってるのに。ダメ~」。
ところが、それに返した言葉が、
「上様の子を身篭ってこそ、はじめて豊臣の女。御方様や並み居る側室が果たせなかった夢をこの茶々がやり遂げてみせます」
ひゃ~、すっごい嫌味だあ。寧々さ、切れるでにゃ~よ。
この女達の合戦はまだまだ続きそう。
醍醐の花見大合戦も見れるのでしょうかね?(相手は北政所でなくて、松の丸殿ですけど)
「ご立派な決意じゃ」と威厳を保ちながら、退室した寧々でしたが、かなりご立腹。
あの発言、面白くにゃ~よね。
何度も殴り込みをしようと振り返っては侍女たちに止められていました。コミカルでおかしい。

またまたカメラ目線。堀尾氏が一豊に向って言っている時の目線なのですね。
今日はカメラ目線が多くない?
聚洛第行幸が決定しました。帝が秀吉の屋敷にやってくるのです。
そこへ三成と小西行長の登場です。
サラリーマン三人衆は、三成嫌いオーラが全開。
頭がいいから、発言がイチイチ嫌味っぽいのは何故なんでしょう。
そう思うと、やっぱり橋之助さんはうまいのかなあ。
あの方、人柄が穏やかで、気さくで、とっても熱い方のようですので、その人柄が三成役に出でしまいそうなのに上手に隠して演じられている感じです。
人柄って物はどんなに頑張っても、役についつい出てしまいがちなんだそうですよ。難しそうだ。

一豊ご帰還でございます。一豊は捨て子の事をすでに知っていました。
人々の噂から知ったのか、それとも誰か報告した家臣がいるのか。(それとも六平太が???)
あんまりご機嫌はよろしくない。
怒っている一豊を尻目に、千代は一豊の言葉からヒントを得て、彼を「拾(ひろい)」と名づけてました。捨て子はよく育つと言われていたそうで、時々、幼名として名づける人がいたようです。
「拾」とか「捨」とか。たしか、秀頼の幼名も「拾」だったと思う。
実際、ほんとに捨てていたみたいです。
元々は公家の風習だったようで、一度家臣に捨てさせて、再び拾って育てるという儀式をしたらしい。不思議とその子は元気に育つらしい。おまじないみたいなものですね。
公家の場合は、さらに長い間、商家や農家に育ててもらうそうです。(ほんとは口べらしなんだって)
だからなのか。公家の親子関係って何だかドライなんだよね、なんとなく。
千代の熱意に負けて、殿はこの拾チャンを育てる事を許してくれます。
多分、殿も赤子の可愛さにやられたんだと思いますけど~♪。
この子は人間の子なんだけどね、子供達が連れて帰ってきた捨て犬を渋々飼うことを許すお父さんみたいで笑えた。(拾チャンごめんよ)
しかし、一豊の心は複雑なようです。
「千代がそこまで望むのであれば、面倒を見てやるのはよい。よいか、家督は継がせぬぞ」
「家督よりも今大事なのはこの子が生き延びる事にございます」
千代は家督はどうでもいいから、この子を育ててやりたいという気持ちの方が強かったんですね。
多分、本当の気持ちだと思うな。
「それでよいなら育ててもよい。縁(えにし)のある子じゃ」
お許しを得てうれしくなった千代。むちゃはしゃぎます。
殿にかわいらしく甘えていますが、殿は人目(”箪笥に耳”の方?)を気にして、千代に「べたべたするな」と言ってました。シャイな殿。
拾チャンも騒ぐと起きちゃうことだしね。

実は一豊、大変なお役目を任されてました。一豊の顔色が思わしくないのはこれもその一つだったのです。
武骨者の一豊に公家相手の世話役をさせる。またまた秀吉の思惑がわかりません。
失敗は許されない事なのに、一豊にさせるのなんて、なんと勇気があるというか、いやむしろ無謀。
千代もその事を聞いて、驚いてますし、その千代の反応を見た一豊はさらに落ち込む。
殿も公家の話言葉が「わからんのでおじゃるぞ」って。
それアドリブなの?
「一緒にやる人がいるんでしょ。その人に教えてもらえばいいんじゃない?」と千代は助言します。
が、なんと相手は一豊が大嫌いな三成。一豊は本来柔らかい人なので、「苦手」と言っていましたが。多分、大嫌いなんだと思うな。頭がよさそうだから。今更、意地もあるだろうしね。
千代は「相手が苦手と思えば相手に伝わり、相手も旦那様を苦手と思います」と言います。
良い教えだと思いますが、一豊は「千代は気楽でよいのぉ」と呆れ顔。

蹴鞠の特訓。でもうまくゆかず。扱いに困る大きな袖の着物にアタフタ。蹴鞠の師匠も呆れてる。
あの鞠が超高価なものだそうで、蹴鞠保存会から借りた鹿の本皮仕様のものなんだって。
それを知らされず、撮影に蹴っていた殿は値段を聞いて、冷や汗をかかれたそうです。そんなに?
茶器選びもその扱いにも頭を抱えている。
三成はそんな一豊に労いの言葉をかけます。
一豊、偉い~。千代の言う事を素直に聞いて、三成に教えを乞う事にしました。
有職故実を習う?なんか他のドラマで見た気がするぞ。
ああ~、忠臣蔵だあ。
殿は浅野内匠頭役の時にも吉良上野介に乞うていましたが、相手の反応が正反対ですね。
上野介は意地悪するし、上からモノを見る態度だったけど、三成は丁寧に一豊に教えてやっていました。
素直な一豊に好感を持った三成は一豊が気に入ったようです。千代のおかげだね。
三成からはありがたいお言葉をもらいました。意外といい奴。

千代は千代で北政所から打ち掛けの依頼。
あんまり乗り気じゃなかった千代も困り顔でしたが、唐織を発案。
金襴緞子(きんらんどんす)・繻子(しゅす)・綸子(りんず)。
絢爛たる着物になるに違いない。寧々はもうノリノリですよ。あらあら、千代、引き受けました。

白い寝巻きのリラックス夫婦のシーンは山内家の”専売特許”というに、秀吉夫婦もやってる‥‥。
その上、妻へのお返しもみもやってる~。
この夫婦は山内夫婦とはアクの強さが随分違いますよぉ。同じシチュエーションでもね!
でもこうやって静かになった屋敷の夫婦二人の会話から、歴史は動いていたんでしょうね。
そう思うと女の人も随分政治に参加していたんだと実感しますよ。

肥後が年若の清正と小西行長で2分すると聞いた一豊。かなり怒ってます。
そりゃ、留守居役やらされてたら、手柄をあげる事もできないわね。
不公平だ~。(言っといてやったよ、一豊)
蹴鞠がうまくいかない殿、下手すぎですよ。棒に鞠を吊るして、蹴ってるけど当たらない。
何であれで当たんないのよ。
あああああ、ついにすねた~ぁ。
元気づけようとする千代ですが、全く一豊は取り合わない。
「あ、そうじゃ、わしゃ病じゃ。これからずっと病じゃ。良いな!しかと申しつけたぞ!」
千代が一生懸命作っている打ち掛けの端布を軽く投げてみたり‥‥。(手の動きがすばやい)
怒り顔と笑い顔がクルクルと表情が変わり、最期半笑いの早口の殿がかなりかわいい。
このシーン、HITです。
41歳の男性に「かわいい」は誉め言葉じゃないんでしょうけど、「かわいい」とは言わずにおれない。

今日は色鮮やかな放送です。いろんな色の着物を着た女御達や諸将達。華やかですね。
「大奥」にも負けないぞ。
(映画化決定!絵島役に由紀恵ちゃん。滝川役に浅野ゆう子さん。間部役に及川ミッチー。と、殿の知人が次々と決まっています)
その行列の中に一豊の姿はない。同僚達にも、腹痛を起こし寝込んでいると思わせているらしい。
でも一豊、腹筋してるし。元気なくせに~。登校拒否。子供みたい。(時々私も出勤拒否したくなるけど)
ずる休みするなんて、思い切った事をするものですよ。
嘘なのに、見舞いの品はたくさん届いてますよ。良心、痛め~。
しかし一豊の性格を知っている千代、うまいよ。
拗ねて寝ているの所にやってきて、
「行かなくてもよいのですか。仮病がばれねばよいのですが。いえ、仮病が知れた時のお咎めは只事では済まされぬでありましょう故。」
そう言われた一豊。どまん中でずばっと当てられた気がする。
千代が去って後、ふとんからガバっと起き上がり、オドオド。
びびってますよ。気がちっちゃいの、知られてるんだから。

千代の打ち掛け。見事でした。青い左肩あたりの空、右肩から左背までの黄葉の山。
裾は赤に染まった里山の図柄。他の打ち掛けも艶やかでしたが、さらに人目をひく物となりました。
天皇も大変ご満悦。「見事である」というお言葉を賜りました。
秀吉も面目を保てたようです。千代のお手柄~。一豊はずる休みなのに。
諸将が能を見ている最中に、千代の言葉にびびった一豊は部屋の隅から顔をそっと覗かせ‥‥。
堀尾・中村両名と目が合って、ぎくりとしつつ、フェイドインでございます。
遅刻した時に始まっているラジオ体操にやってくる私みたいだ。
サラリーマン三人衆の同僚たち二人に、「うん、もう治った」という顔は、以前に厠へ立った折、小りんに迫られ、逃げ帰り、様子が変と気づいた千代に説明する言い訳がましい一豊(第15回「妻対女」参照のこと)と同じ顔してた~。ムフフフ

女も戦っているんですね。一人の女性が子を生んだ事で情勢がこんなにも一転する。
茶々はなんと秀吉の子を身篭りました。歴史的な吉報の場に千代は居合わせたということなの
ですね。出来過ぎだよね。
秀吉は今まで子がなかった為に大喜び。(正確には夭折した子がいたらしいので、初子ではないらしい)
茶々を持ち上げてクルクル回ってましたから。危ないから。流産したらどうすんねん。
誕生の時の秀吉の反応が面白い。かなりオーバーリアクションだけど、うれしさが伝わってきます。
なんと男の子でございました。いや~、皮肉なものです。
ほんとこの子と生んでくれた茶々の事がいとおしくて仕様がなかったんだよね。
それが秀次の運命を変えてしまった。
そして寧々も悲しい想いをします。
おっかあはこの正室、懸命に秀吉に付いて来て支えてくれた寧々にとても罪悪感を持っていたのでしょう。本当にすまなかったと深く寧々に詫びます。
彼女も悔しくて、悲しくて‥‥‥。おっかあの前で涙を見せるのでした。
本当はつらかったんです。意地張ってその姿はみせないけど。
「子を生めなかった私が悪いのでございます」
寧々の涙がさびしそうでした。

宿老達の勧めもあり、秀次は一豊を伴って、秀吉の下にお祝いの辞を述べにでかけます。
生まれし子は「鶴松」と名づけられました。
表面上は秀次の訪問を喜び、その殊勝な対応を誉めますが、内心は探り顔。
秀吉は秀次に大変いじわるな質問を。
「天下をとった後、この豊臣家を継ぐのは誰であるか?」
長い困惑と沈黙の中、秀次は悲しげに「鶴松君でございます」とつぶやきました。
さらに一豊にも強要します。一豊は一言も言葉を発せませんでした。
意外にも秀吉は後見人に「黒田官兵衛」の名をあげました。
官兵衛、マークされたみたい。
頭の上に”WARNNING”が表示されてるよ。

秀吉を牽制して黒田官兵衛は隠居を志願。結局隠居はさせてもらえそうもないけどね。
頭のよい人です。多分、秀吉が秀次との対面で発した言葉を聞いて、危険を感じたんでしょうね。
一豊がその立場だったら、「なんか上様に誉められた~(*。*)」と有頂天になっていた気がする。
九州のややこしいところを平定したら、今度は小田原攻めですわ。
その次は朝鮮で、そのまた次は大明国ですって。強欲な人。

もうすっかりこの子は山内家の子ですよ。拾チャン、あまりにもかわいらしい。
一豊もなんだか可愛がってるしね。
赤子の可愛さを再確認した一豊です。いかに秀吉が鶴松をかわいいと思っているかという事が
身に染みたはず。だから心配事が増えました。
一豊の心配事は今後の秀次の事。
天下を継ぐと思われていた秀次は一瞬にしてその立場から脱落したのでした。
天下を自分が治めていくのだという事を踏まえて生きてきた秀次だから。
その指名を帯びて教育されてきた秀次だから。
目標を失った後の絶望感は大きいと思うのよ。
諸侯の態度も豹変したんだろうな。プライドがずたずたでしょうし。
千代みたいにポジティブに構えてられない一豊達がいると思います。
「あんまりお偉くなると失うものも多くなるから」と優しい言葉で心を和らげてあげようとする千代。
本心はそうではないかもしれないのに一豊は、千代の優しさを感じ、秀次に伝えると約束します。
その言葉が、秀次の心に届き、和ませてくれたらいいんだけどね。

三成と茶々の会話が怖かった。
「そちもこの子の顔を見てやっておくれ」と鶴松君を抱いて三成のそばに微笑しながらやってくる茶々。
「そちに似ておろう?」って言いそうで‥‥。
三成は何を言われるのかとアセアセ。
茶々は「上様の子を生めとそなたが言ったのじゃ。この子を頼みましたよ」
これも結構きついよ。三成、「ギュギュっと首を絞められた感あり」ですわ。
これが関が原へとつながっていくのね。(ちなみにこの子を守ってではないですが‥‥)

拾チャンと共に市井を歩く千代。そこで旭と別れてから失踪していた甚兵衛を発見。
来週は副田氏の展開があるのでしょうか?
一豊の伝説が残る小田原攻め、北条氏討伐です。予告の殺陣、速かったよね。かっこいい~。

☆☆☆今週の初登場☆☆☆(というかゲストさん)
秀吉公のご子息がご登場ですぞ。柄本和生さん。
確か「ウォーターボーイズ」にも出てらした気がします。
秀吉公のご子息という事はお母様は角替和枝ですわよね。
愛嬌のあるかわいらしい青年でした。
のんびりした物言いは「みかど」って感じした~。
後陽成天皇役で台詞はちょっぴり。
親子共演に上様はドキドキしたみたいでした。ヒヤヒヤしたという方が勝ってる?


nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

功名が辻 第33回 「母の遺言」 [功名が辻]

(勝手にサブタイトル「光る涙と‥‥‥」)
↓↓↓あらすじならぬ全すじです。ご注意あれ↓↓↓

一豊は秀次の宿老である。
秀吉は九州討伐を始めたが、秀次は京の留守居役となった。
従って一豊も京に留守番。一豊、これがかなり不満。
槍働きが出来るチャンスと思っていただけに、とても残念でしかたがない。
ごはんものどを通らない。おいしそうなのに。千代も加減が悪いのかと心配してますよ。
しかも一豊自身もわかっている事を康豊は敢えて言葉にする。
「兄上は九州攻めに加われない事がご不満なのでございます」
「今は戦より秀次様を盛り立てる事こそが先決。上様の御後継ぎは秀次様にございます」
余計にイライラが募ります。確かに康豊は一豊には耳障りな事をいう。
兄にしたら、小賢しいと思うかもね。
でも正論なんですよね、これが‥‥。それだから余計に一豊は腹が立つ。
「三成のごとく銭勘定で名をあげることなどわしにはできん」
そうでしょう、そうでしょう。一豊には似合わない。
「さらば、学ばれませ!」
あいたたたた~。言われてもうた。
一豊は不敵に笑い、康豊に庭に誘います。「康豊、庭に参れ」
現代風に言えば、「ちょっと外に出て来い」という事かな?
練習用の槍で二人は一汗流します。相変わらず、口けんかしながら。
なかなか二人の勝負は見ごたえありました。
槍名手で名高い一豊はさすがですが、康豊もなかなか強い。
いつも人の意見を聞きすぎるほど聞く一豊でしたが、今回は全く自分の意見を引こうとしませんでした。
「戦がなくても武士は強くなければなあ」
稽古用槍を肩に担いだ一豊は男らしかったよ。強そう~。
わかってるけど、これからの武士は強いだけではいけないのかな?やはり直球の男が私は好きだ。

二人の仲があまりにも悪いので、千代は心配しています。
相談役の新右衛門に相談します。聞いてますか~?新右衛門~!
最近益々耳が遠くなってきた新右衛門。でもかなり適確なアドバイスをしてくれました。
「法秀様にご相談してみてはいかがでしょう。男は母には弱いから、仲良くしろと言ってもらったら‥‥」ナイスアドバイス!
長浜の法秀の元に出かける事となった千代。
新右衛門に何度も「法秀様の元に行って参ります」と言ってるのに、新右衛門は何度も聞き返してました。
新右衛門、耳が遠いというよりもちょっとボケが入ってる気も‥‥。

法秀尼を訪れた千代はびっくり。おかあたまは風邪をこじらせて、寝付いていました。
おかあたまは二人が仲違いをしている事を予想してました。一豊と康豊は対称的な性格だから。
どうやら、それが無くなるようにと、お百度まで踏んでいたようです。
雨の中を裸足で祈りつづける母。
この雨の日の御百度がおかあたまの体を弱らせてしまったという事です。
そこまでしなくてもねえ。
この時代も兄弟がイガミ合ったが為に滅びた家は数知れず。それが心配だったのですね。

宿老達3人と康豊は秀次の下に出仕し、領地近江八幡城下をどのようにするか相談。
堀尾氏は琵琶湖などの水路を使って、商いをすることを勧めていました。
琵琶湖から水を引いて水路を整理すれば、日本海の若狭から太平洋の伊勢をつなぐ経路が出来る事になります。中村氏も大いに発言していました。
が‥‥。一豊はただ一人沈黙。すかさず康豊がアイデアを。
近江八幡の産物に「いぐさ」があるらしい。
漢字は「藺草」と書きます。正式にはイグサ科の「イ」という植物の事。畳表の材料ですね。
「その産物に力を入れていきましょう。」
秀次はそんな康豊を大いに誉め称えます。
本来ならば、弟を誉められた一豊は名誉な事と喜ばなければならないのでしょうけど、正直面白くない。
康豊、ちょっとしたり顔。お兄様の心が痛々しいですわ。

法秀様はどうやらもうダメらしい。
お年なだけに風邪をこじらせてしまった事は命取りとなりました。
弱ったおかあたまは「家族の夢を見た」と告げます。黒田城山内家総出演の夢でした。
「幼い一豊・康豊兄弟が黒田のお城で遊び、いたづらをして家臣の息子を怪我させてしまった康豊を父の盛豊が大変叱る。それを見た一豊が一生懸命に泣きながら弟を庇う」という夢だったそうです。厳格な父親、泣き虫な心優しい兄、やんちゃで気の強い康豊。
この夢は三人の事をよく知っている法秀だからこそ見た夢なのだなあと思いました。三人の性格よく出てる。
盛豊さんが法秀様をお迎えに来て、「二人は力を合わせて山内家を盛り立てていくよ」というお告げでしょうか?
義母は千代の手を握り、優しく言います。
「そなたと一豊はきっと幸せになる。私はそれだけを祈っていました。一豊をよろしゅう頼みます」

一豊・康豊・新右衛門が呼ばれ、おかあたまの庵に訪れた時には、もう、おかあたまは他界しておりました。いくらこの事は言わないでと言われても、母の臨終に呼ばないのも酷な話ですね。
法秀の強い願いを知っている千代だから、彼女が判断した結果です。苦しかったね、千代。
筆をとって遺言を書こうとしていたおかあたまでしたが、もうすでにその力もなく、千代に口立てで伝えられたようです。
「お互いの異なる性分を尊びなされよ」
これがおかあたまの遺言でした。
母の深い愛情を知った康豊は大粒の涙をボロボロ。一豊は千代の言葉を無言で聞いていました。
殿の目に静かに光る涙。その他に‥‥‥。
殿の鼻から出入りするお鼻水が‥‥‥。
(いい場面なのに、何をみてるのかあ。ごめんなさい、上川氏‥‥。)
むっちゃ気になりました。
しかし、大熱演ということで許してやってくださいませ。
まあ、前科がありますよね。
殿は大泣きするとお鼻水が出る性質みたいです。(普通みんなそうですよ!)
『最後の忠臣蔵』で香川照之氏演じる瀬尾孫左衛門の顔にボタボタボタボタと鼻水を落としていらっしゃった記憶があります。
(香川さん、ご愁傷様でした)
今回はおかあたまにかけなくてよかったねえ。
幼い時父母を喪った千代にとって、おかあたまは文字通り「おかあたま」。
裁縫を教えてもらい、粗末な庵の暮らしの中で、千代に優しく悲しみを癒してくれ、沢山食べて沢山寝かせてもらった。
成長して一豊の妻となった時も、何よりも結婚を喜んでくれ、嫁いびりなどせず、孫が女の子であった時も心から喜んでくれた。
時には厳しく叱ってくれたし、優しくおおらかな心で周りの者を包んでくれたおかあたま。
よねを亡くした時も「生きること」を気づかせてくれた。偉大な人でした。
また一人、二人を支えてくれた人が他界しました。
千代だって法秀の死は本当に悲しいんですよ。ずっと涙を我慢して、お世話をしてきたんですもの。
一豊はえらい。そんな千代の心を知っていました。
「千代に看取られ、母上はさぞ幸せであったろう。有難く思うぞ」
優しい一豊の胸の中で、母の死の悲しみに涙する千代でした。

ついにバテレン追放令が出ましたね。
秀吉が九州征伐でキリシタンを見かけて、脅威に思ったのでしょう。
なんで秀吉がキリシタンを嫌ったかといいますとですね‥‥。
これがどうやら秀吉のみぞ知ると言ったもののようでして、決定的な理由はわからないみたいです。
案外効力がなかったようで、本格的にキリシタン撲滅となるのは江戸に入って家光の世からです。
理由と考えられているものを挙げてみます。まだ他にもあるみたいですが、主なものを‥‥

理由その1 キリシタンの結束力を嫌った
 彼らの結束力はやがて一揆となる可能性が強い。その脅威は先に潰しておきたかった。

理由その2 キリスト教の持つ「全ての人が平等である」という概念。
 この時はそれほど身分が顕著な訳ではなかったのでしょうけど、秀吉としては大名であるものとそ の臣下が同じ身分とする事は非常に都合が悪かったものと思われます。
 
理由その3 キリシタン信者が惜しまず、財力をバテレンに寄進したこと。
 秀吉にとったら、民間の財力さえも自分のものと自負していた。それを勝手にバテレンに寄進する 事は許せなかった。

理由その4 信長と反対の事がしたかった(私論^^)
 なんかそんな気がした~。

理由その5 他国への脅威
 はるかに秀吉軍よりも軍事力・財力を持つスペインやポルトガルなどの異国を背景に持つ彼らを恐 れた。「日本征服」目的がなかったとは言い難いよね、この国たち。

ちなみに沢山いろんなカタカナ言葉が出てきておりましたので、ここで紹介。

キリシタン(吉利支丹)‥キリスト教の教え。またそれを信仰する者
クルス‥‥‥‥‥十字架
バテレン(伴天連)【ラテン語】‥‥‥‥キリスト教の神父・司祭。宣教師 
                        (同意語パードレ【ポルトガル語】)
デウス‥‥‥‥‥神様。天主。天帝。造物主。(ローマ神話の「ゼウス」が語源だそうですね)

ドラマでは出て来ませんでしたが、もう少しご紹介。

いんへるの‥‥‥地獄(多分インフェルノと同意語)
はらいそ‥‥‥‥天国・楽園(パライソと同意語)
ロザリオ‥‥‥‥首にかけるクルスの事。数珠などで十字架を繋いで、神に祈りを捧げる時
           に用いた。別名コンタツ
さんちゃご‥‥‥神を称える言葉。(地名だそうです。聖地かな)
オラショ‥‥‥‥祈り・祈祷
ゼンチョ‥‥‥‥異端者・他宗教信仰者
ガラシャ‥‥‥‥恩恵・恩寵

玉様危うし。
キリシタンの疑いをかけられています。というかキリシタンだし。
忠興親子は玉の処遇について言い争いをしています。
幽斎は玉の事が嫌い。クルスを見つけたら、殺せと言っている。穏やかではないですね。
忠興は玉を苦労して味土野に隠し、やっと呼び戻したという経緯があるから、殺すのは嫌らしい。
やっぱり愛しているのね、ガラシャを。ご馳走様。(もう片思いですけど)

康豊君の縁談が持ち上がりましたよ。
随分前から殿は彼の奥様を決めたがっていました。殿は事あるごとに言ってるね。
この前の千代からの話を聞いているので、玉の事を持ち出してました。
婚儀を急いでいるのは、これも原因かもしれません。
「どこぞの御内儀に横恋慕でもしておるのなら諦めよ。母上を悲しませてはならん」
びしっと言われてしまった康豊。
渋々承諾‥‥‥。可哀想なのだ。叶わぬ秘めた恋ですね。
教会で玉と再会した康豊。教会は破壊されていました。迫害は始まっているのですね。
玉はもうガラシャと名乗る女性になっていました。
「もう私達にはお構いくださいますな。味土野の事はもう遠い霞みの向こうの事となってしまいました」
悲しい二人の隔たり。
思わず康豊はガラシャに叫びます。「お命をどうか軽んじなされますな」
それほどガラシャの心は、誰にも触れられないほどの高貴さを孕んだものであったんでしょう。
キリシタンに殉じる心。どんな迫害にも負けない。
ゆっくり振り向いて去っていくガラシャ、何だか艶やかでした。
これが康豊が目にしたガラシャの最期の姿となるのかなあ。益々、康豊の心から消えないかも。
康豊はその後、水野家の姫を妻に迎えました。康豊も奥方も哀れなり(TT)

久しぶりのサラリーマン三人衆の奥方軍団だあ。パワフルだあ~。
三成と茶々の噂を‥‥
「豊臣家の財布のひもを握ってるのは三成で、その三成は茶々にべったり。秀吉が茶々を狙って
いて、おそらくもうすぐ秀吉の手に落ちる。それを三成はまた狙っている。そうなってしまえば、近江衆が力を占め、尾張衆は活躍の場を失う」というもの。
としさんといとさんのユニゾンが面白かった。「寧々様、頼もしい~」
「そのような事はさせませぬ」と姐御も確かに相当頼もしい。
思わぬ女達の争いの渦中に巻き込まれてしまった千代は困惑顔でした。

あの秀吉のコケはアドリブでしょうかね?
殿のご所属の劇団「キャラメルボックス」では秀吉のようなコケの名手(?)が先輩にいらっしゃいます。西川雪内様‥‥じゃなかった西川浩幸さんと言われる方ですが、この大河で二人の「コケ勝負」が見てみたいと思ってしまったのは私だけ?そんな事してたら、ドラマが進行せんわな。
大蔵卿局の前に現れた時には眉間に大きな赤い傷になっておりました。細かい‥‥。
茶々を請い、思わず歌を詠んで求愛にやってきました。普通は使者が文を持ってくるもので、
多分返歌を待つのが通例でしょうに、上様自ら持参。答えを急いでる。
歌の事はよくわかりませんが、秀吉が詠んだ歌は相当露骨で情緒のない不細工な歌なんでしょうね。
いよいよ、茶々危うしです。
茶々は急ぎ三成を呼び出します。ほんとは「助けてほしい」と素直に言えないのが、茶々です。
本当に嫌そう。声が震えている。
秀吉は母が心底憎んでいた人物であるし、多分茶々も生理的に受付けなかったと思う。
意外にも三成が発した言葉は‥‥。
「上様の想い人におなりなさいませ。それが茶々様のご栄達の道でございます」
非情なり三成。
その上、「某は来月、妻を迎える事となりました」って、あんた~!
「浅井と織田の血を引く豊臣家の御嫡男を生みなされ」って~?ひどい話
「やっぱり断ったら」って茶々は言って欲しかったんだよね。
「そなたはそれでよいのじゃな!」を5回も言ってました。
「そなたの声が聞こえる。茶々が欲しいと叫んでおる」と言って頬を寄せる茶々を払いのける事もせず、じっと佇む三成の表情は無表情以外の何物でもありませんでした。
義の人だわねえ。

寝所での肩もみは日課になってたのでしょうか?
そこで話される夫婦の会話はホノボノ。
「あんなあ、上様がまた城の修築をなさるねん。えらい急な命令でなあ。桂川と宇治川が一つになる淀川にある城で、淀城ゆうねんやけどなあ、また人手がいるねん。」
「その城には誰が入るのん?」
「わからん」
「もしかしたら茶々様?」
「姐さんを差し置いてそんなことはせんやろ」
「そら、そうやなあ」
(以上、無意味に関西弁に翻訳)
千代、鋭い。やっぱり当たってるよ。
「ここに参れ」と言って、一豊が千代とチェンジして、千代の肩をもんでいる姿が微笑ましい。
どこまで妻想いなのだ。戦国時代の男性とは思えない。
前回は、上川氏の肩をもんでいる由紀恵ちゃんを見て、うらやましがっている思われる由紀恵ちゃんファンに微笑んでいた私でしたが、今回はその砲撃を返されてしまった感があります‥‥‥^^;
でも、私の顔は緩みぱなし。

若菜の香。炊いて、秀吉の訪れを迎える茶々。この香には歌が付いておりました。
ちょびっと調べてみました。
「明日よりも 若菜摘まむと 標めし野に 昨日も今日も 雪は降りつつ」(万葉集 山辺赤人)
【口語訳】以前から見つけていた野原で春の七草を摘もうと思っていたが、雪がなかなか降り止まない。
「標めし野」は「見つけていた野原」ですが、「禁野」(天皇領で禁じられた野原)との意味もあるとも言われています。あんた、私は摘めねえよってことね。

遠まわしに拒絶を意味する歌でありました。茶々、まだ頑張っておりまする。一人で戦っている。
「母上から教わった歌」というのも拒絶を物語っています。
秀吉はその香を静かに水で消し、茶々を抱いて寝所に連れていきました。
「我が子を生め」
茶々は秀吉の側室になりました。

え~?もう生まれたのか?秀吉と茶々の子が?と思ったら、あらあら、そちらのお子さんでしたか。
びっくりしたよ~
山内家の玄関に小さな男の子が捨てられていました。
綺麗な産着に懐剣など豪華なものが添えられているところを見ると、名のある身分の子のようです。
どんな理由で捨てられたのかな?(一説によると本当は一豊の庶子という説があったようですね)
このドラマでは、全くの他人の子という設定となる模様。
理由など千代は一切構わず、「法秀様のお導きかもしれぬ」と育てる気満々。
千代らしい。愛情深い千代のこと。絶対、自分で育てるっていうよね。
この子が運命の子、お拾チャンとなるのですね。
お拾チャンかわいいねえ。爆睡してるから抱っこするの可哀想だと思ったのですが、抱き上げられたもなお彼は爆睡していました。かなりずぶといぞ。


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

功名が辻 第32回 「家康の花嫁」 [功名が辻]

(勝手にサブタイトル「格闘家枠はひとつ?」)

先週は悲しかったなあ。放送を見た後に、読んだ原作がちょうどこのシーンのところ。
(正確には放送見るまでは‥‥とこらえてたんだけど)
司馬遼太郎さんの原作には、一豊の帰宅した時の様子がこんな風に書かれていました。
たった4行。しかし、司馬さんはこの4行で、一豊の悲しみの深さを表現してしまった事に圧倒されました。さすがだ。
「翌日、京から伊右衛門が駆けつけてきた。
伊右衛門は、ぼうぜんとした。
この男は三日間、お経を誦(ず)するのみで、ついに口をきかなかった。
よほどの衝撃だったのであろう。」【司馬遼太郎作「功名が辻」 2巻「家康」の章 抜粋)】

突然、北政所様が山内邸を訪問。(そんな事はあり得ないない!)
よね姫の件で気落ちしている千代への見舞いでした。
ふらりと外出した千代を心配していました。
自殺するかもと考えたのね。大丈夫ですよ。
気丈にもこの世の憂いに絶えて生きていく事を決めている千代の言葉を聞き、寧々は安心しました。
そして切り返しが早い。もう千代に自分の相談事をしている。ちょっと難問のようです。

家康には現在正室がない。
ここで家康の奥方のお話をひとつ。
かつて家康は今川義元の姪にあたる瀬名姫を正室に迎え、長男信康と長女亀姫を儲けました。
彼女は大変美しい、しっかりした夫人と言われています。
信康も立派な長男で、家康も大変期待していたようです。亀姫も母親とそっくりの気丈な人でした。
しかし瀬名姫は伯父の今川義元を織田信長に討たれ、父も亡くした。
若い頃から信長に可愛がられていた家康は信長と誼を通じる。
当然、この夫人は今川方の縁戚。言わば敵方の者です。家康も処遇に困っていたみたい。
立場はガラシャと同じ感じかな?本来ならば離縁なんでしょう。
彼女も父や伯父の敵である信長と友好関係にあった夫とは何かとすれ違いが生じ始め、二人の仲は冷え切っていたと言います。
しかも、夫は次々と側室を持ち、その側室の御腹には子供が宿る。
側室の一人はなんと自分の侍女の一人でした。彼女はきっと寂しかっただろうなあ。
この側室お万を裸にし、木に縛り付けて、怒りを露にしたという話が残っていますが、実のところ真実かどうかは不明です。
私は嫉妬深い悪女にされた可哀想な女性のような気がします。
信康の妻は信長の長女徳姫(五徳)でした。ここにも敵である信長が彼女の視界の中をちらちら。
やはり嫁姑の仲は最悪です。感情的に無理だしね。
信長の娘ってぇぐらいだから、無茶苦茶気のつぉ~い高びぃーなお姫様だったんじゃないかな?
気のつぉ~い事に懸けては右に出る者のない築山殿の事だから、当然ですよね、うまくいかないの。
当時、庭に築山を配した屋敷に棲んでいた瀬名姫は築山殿と呼ばれていました。
築山殿は嫌いな徳姫に宛てつけるように自分の侍女の一人を信康の側室に上げます。
しかもこの側室が武田の縁者らしい。
築山殿の実家は滅んでいますが、家康や信長に圧力をかけている武田家と通じて、織田信長を滅ぼす活動を長男と共にしていたらしいのです。それをこの嫁徳姫が父信長に告げ口!
まあ、父が暗殺されるという噂を静観できる娘はいませんが、ほんとは言いがかりだったんじゃないの?ちょっと父上にガツンって言ってもらいたかっただけの軽い気持ちだったのかもしれません。
まさか夫にも暗雲が立ち込めるなんて思ってもみなかったでしょう。
自分の可愛い娘を辱め、敵と通じていた築山親子を信長は許す訳はなく、家康にこれを誅するように命じます。家康は涙ながらに、夫人を誘いだして、道中で刺客に襲わせました。
その後、謹慎中であった信康には切腹の命を‥‥‥。
この長男の死も彼に十字架を背負わせたようです。
それ以来、家康は正室をおかなかったということ。
女の人のいざこざにうんざりしただけなのか、悲しい築山親子の事を思ってのことなのか、我々のような後世の者には藪の中です。
ちなみに告げ口した徳姫ですが、以後文献から次第に消えていった事を思うと、実家に戻り、夫の菩提を弔ったようです。見星院という名が残されています。

そんな家康の正室が空席である事に目をつけた秀吉は自分の妹旭を宛がおうとします。
旭には甚兵衛さんがいるのに?
最初の夫源助が嫌がっていた戦で亡くなるとすぐに甚兵衛さんを無理矢理宛がい、やっと二人は
仲睦まじい夫婦になった所を、またもや彼の都合で引き裂こうとするのです。秀吉は非情なお人ですよ。
縁者が少なかった秀吉だからなんでしょうけど、リ活用にも程がありますよ。物じゃないんだから。
秀吉は旭と家康を娶わせて、自分と家康とが義兄弟になりたいと画策していました。
人質としての意味も大きい。
秀吉だけでなく、寧々自信もその意見には賛成。というより、言い出した彼に敢えて逆らうつもりはないといった方が勝っているかな?彼女も夫の為に動いているんですよね。
千代は自分達夫婦には旭に対して負い目があると思っているので、上司の命令でまた同じ悲しみ
を旭に与える事が嫌でたまらないんです。
優しい一豊もこんな事を良い事だと大手を振って賛成する訳もなく‥‥。
困った事です。かと言って上司達の命令は逆らえないしねえ。
秀吉が言い出したらどんな者のいう事にも意見を変えない性分であるという事、長年、仕えてきた一豊が一番よく知っています。

それとなく千代は、大政所に相談しましたが、彼女は大激怒です。
大丈夫なの、千代?
時々、千代は正義感が強すぎて、突っ走り、一豊の立場を悪くする事があるから心配です。
千代のいい所であるけど、欠点でもあります。
ストレートなおっかあの事!そのまんま、秀吉に体当たりしそうな勢いですよ。
でも、母親としてはねえ。おっかあの気持ち、ちょっとわかる。娘が悲しむのが悲しいんですよ。
旭の心を一番理解してあげているのは、このおっかあなんですよね。
秀吉に会うなり、またもや、おっかあは平手打ち。やっぱりなあ。注進の出所がすぐばれそう。
人は本当に何かを得ると何かを失っていく事が運命なんですかねえ。
秀吉も北政所も変わってしまいました。(人は変わらなければいけないといいます。)
権力を得ると「家の維持」という事が一番になるのですよ。
そしてそれを大事にする為に何かを犠牲にしなくてはならない。
権力ってこわいなあ。維持するために、非情にならないといけないんだよねえ。
そんな事が起こっているなんて、当の旭と甚兵衛は知る由もなく‥‥‥。

千代は旭を訪ね、旭に逃亡するように勧めます。長浜に匿うつもり。旭は兄の計画には仰天。
だから、知れたら一豊の立場が‥‥‥‥。旭の事が心配で、千代はつっぱしております。
旭はやっぱり冷静で、自分の為に山内家に迷惑がかかる事を知っていました。
若干、甘い考えもあったのかもしれません。
兄に甘えたら、許してくれるかもしれないと思ったのかもしれませんね。
でもそう考える旭の人に対する優しさみたいなものが感じられて、つくづく優しい女性だなあと思いました。
かたや甚兵衛は秀吉に呼び出され、旭と離縁する事で5万石を与えると言い渡されます。
旭を大切に思っている甚兵衛なんだから、そんな事で離縁する訳ないのにね。
当然、甚兵衛の答えはNO!秀吉に吐き捨てる言葉を残し、姿を消しました。
(消えるとダメなんじゃ?)彼の精一杯の抵抗なのね。
でも、旭には全く正反対の事が告げられました。「甚兵衛は離縁に承知した」なんて‥(\/)"
ますます非道な関白夫婦。
信じられない旭は甚兵衛と会う事を希望しますが、寧々は全く取り合おうとしませんでした。
そして、おっかあの言葉も違ってるし~。「羽柴の家の為ならやむなし」???
秀吉と寧々が計画し、甚兵衛も母も賛成していると聞かされた旭は落胆しながら、甚兵衛との離縁
を受け入れ、家康との婚儀を承知するのでした。はめられた~。

一豊が三河に使者として遣わされます。また、使者なの?
やっぱり千代の事が原因で、一豊がこの難問である二人の婚儀を取り付ける役割を負わされたようです。遠まわしに「嫁さんが引っ掻き回したんだから、おまえが責任とって決着つけてこいや」という秀吉と寧々の思惑がミエカクレ‥。結構、立場なしなんじゃないの、一豊?
一人暗躍した千代をたしなめながら、声を荒げる訳ではない一豊。
ですが、この顛末を諦めきれないような千代。
一豊は「千代!」と諦めるように言い含めます。このやりとりがまたいい感じ~。
千代もそんな一豊の言葉に頷かぬ訳にはいきませんでした。山内家の安泰の為‥‥なんですよ。

またもやアンドレさん、じゃなかった長益と三河に遣わされた一豊。
やっぱ声がいいですね、上川氏は。(はいはい、わかったわかった!)
家康への言上のシーンでは彼の声の良さは群を抜いていました。
ナレーションのお仕事が増えている今日この頃。喜んでよいのか、悲しんでよいのか。
(ちなみにアニメの声優はしないの?もしかして、彼にはそれは聖域なのかな?)
家康様も良い声だけど。

家康も複雑そう。秀吉はあの手この手で家康を落とそうとしている。
断ればどう出てくるのかな?あんまり屈したくないなあ。家康の声が聞こえてくるよ~。
困らされた腹いせですか?家康は一豊の妻を欲しいと言い出しました。本音?本音なの?
そりゃ旭よりもそっちの方がいいよね?やっぱそうだよね。(松本さん、ごめんなさい)
一豊は返答にオロオロ。どうする?どうするよ!オレ(BY オダジョー)
家康の冗談でした。一豊のおめめがまんまるになっていました。冗談でよかった~
ですが、笑い者になって、一豊内心ご立腹?

43歳の花嫁
もう旭はカンネンしております。彼女も関白の妹として気丈な決意をしていました。
嘗ての農婦であった旭とは別人のようです。農婦から名門の奥方に、そして関白の妹に。
彼女は代わり行く立場に流されながらも、その立場に馴染むように努力してきた女性なんでしょうね。悲しい人です。
旭は甚兵衛に文を書きたいと願います。
消息を絶っている甚兵衛の元に届かぬかもしれない文だけど。
字が書けぬ旭の代わりに千代が代筆します。
旭、早いよ。千代のゆったりとした筆遣いを考えると絶対書ききれてない。絵文字入りか?
最期にくちゃくちゃと顔をしかめる所は感情移入できなかったけど、本当に最期にぽつりとつぶやく旭にはじわ~ときました。
「あんたが生きてると思えば、おらも生きられるで」
裂いて欲しくなかったですよ、この夫婦。
千代も旭の悲しい運命を想い、涙を浮かべていました。
愛する夫と離れる悲しさは想像するだけで胸がつまる想いがありますよね。
一豊と引き裂かれるなんて、千代には考えられない。だから、千代も涙が出たんですよ。
その託された手紙を読んだ一豊。
千代の憂いを察し、そっと手を握ってあげていました。
自分達はどんな事があっても離れないぞと誓ったのかな?

家康はこの健気な関白の妹を大切にしました。この女性の可愛らしさを見出したようです。
それでも上洛しない家康への懐柔策で、今度はおっかあを人質に。
秀吉は旭付きの老女よりの文で旭の様子を知りました。あーやって、情報を届けてるんですね。
政略結婚、特に輿入れさせる側は「人質」とはいえ、敵方の内部へ潜入するよい機会であることがわかります。
迎える側もそれを知っている事がまた、狸と狐の人々だなあと感心します。
私、もっと直球の中に生きていたいなあ。
おっかあは自ら人質になる事を志願します。
確かにあと一歩の所まで来ていますし、旭の事が心配だったんですね。
柄本さんはすごいねえ。あの台詞を息継ぎせずに一気に言っていました。よく息が続くよ。

そしてまた一人‥‥‥。
小六が逝ってしまいました。
前野氏の方が先に死んでしまうと思っていたので、意外でした。
小六は阿波に所領を持つ前は播州龍野に所領を持っている人でして、ちょっと親しみがあります。
小六は秀吉の家臣としても一豊と並ぶ最古参ですよね。
秀吉とは古くからの馴染みで、一豊には言えない言葉を彼は平気で秀吉に言う。
「猿」と名づけたのも彼なんですって。
同じ時期に採用になったのに、一豊とはえらい違いです。
一豊はいつも秀吉に言葉を選んで話しているというのに‥‥。
小六の人柄所以なのでしょうか?ポンポン言っても、憎まれない人だったんですね。
大政所の人質策に対する非道を戒めての急逝でした。突然の卒倒だった。
惜しまれての最期でした。

今度は徳川方にまたもや格闘家の影を発見。
高田延彦氏じゃあないの?
お笑い枠(ロンブー淳)、東京乾電池枠(ベンガル)、金八枠(森田順平・斎藤洋介・細川ふみえ)、
上川氏飲み友達枠(例の人)などに続いて、格闘家枠が存在していたのですね。
しかし、格闘家枠はなんとたったの一名?!(*_*)
高田延彦氏が登場する事により小六はこの世を去ったのでしょうか?
それとも逆?小六がいなくなったから、高田氏を呼んできたのでしょうか?
次は誰がくるのかなあ???

秀吉の縁者潜入作戦の賜物で、ついに家康は上洛。
粘りに粘った家康もここが引き際らしい。
上洛して、秀吉の弟である秀長邸にて滞在する事になりました。
翌日に秀吉と対面というその前夜、突然、秀吉は秀長邸にゲリラ訪問。
これには家康も大驚き。秀吉が人誑しと言われる所以ですね。
構えていない所にズカズカと入っていって、人の心に踏み込んで掴んでしまうんですから。
秀吉と家康との事をじっと見てる一豊。
どんな事を考えてるのかな?一豊の気持ちはよくわかりませんでした。
秀吉の家康に対する低姿勢に驚いていたのでしょうか?人を誑し込む秀吉のすごさを目にして感心していたのでしょうか?
「明日は居並ぶ諸侯の前だから、ちょっといばっちゃうけど、許してね。振りだけだからさあ」
でも、三法師の時もそんな感じで、フェイドインして来たという前例があるんだから、絶対信用しないよ~。振りですまないでしょ、あんた。

家康と秀吉のかけひきがまた、面白かった~。ずらっと秀吉方の武将達、家康方の武将達が並ぶ
中、二人は対面しました。ちょっと緊迫した雰囲気。
武装してきた秀吉は「屈しないというなら、三河にこの格好のまんま、攻め込んじゃうぞ」と脅す。
家康は家康で「その陣羽織を来たまま、戻れなかったかもよ」と煽る。
一豊達は静観したまま、息を呑んでいる。
家康は「一つ、おねだりしたいのだけども‥‥。その陣羽織、下さいな!」
ねだられた秀吉と言えば、「これは兵を率いる印だもん。挙げられないよ」
家康ったら、「だからなのさ!頂戴!」
無言の秀吉。緊迫の一瞬です。なんていうのかな?
そして家康はいいましたとさ。「もう陣羽織なんてもういらないでしょ!だから記念に頂戴!」
がははと笑いながら、秀吉は「もう私に戦の苦労はさせないとあんたはいうの?ええ婿を持ったわい!」という具合。秀吉は陣羽織を脱いで、家康の肩にかけてあげてました。
内心ドキドキの秀吉だったみたいですが、一世一代の二人の駆け引きでした。
これで手打ちですね。
それにしても一豊、こんな二人について行ってますかあ?もしも~し!目がちょっとテンでした。
一豊らしいから、許すけど(。。)

これで家康方と秀吉方との戦は無くなったみたいだけど、全部の戦がなくなればいいのにねえ。
千代は平和が末永く続く事を願いながら、屋敷の一角に建てられたと思われるよねの墓に手を合わせるのでした。

来週は一豊と千代にまたもや肉親を失う悲しみが‥‥‥。よねの次はこの人なの?
その代わりに可愛いあの子も登場です。癒して欲しい。

☆☆☆今週の初登場☆☆☆
井伊直政役の篠井英介さん。かなり柔和な人ですよね。
かつて映画版「Night Head」でこの方を初めて拝見しまして、びっくりした記憶がございます。オネエサンと呼びたい女性らしさ。
花組芝居のご出身です。女形役だった?
武将の役は若干似合わない気もしますが、どうなんでしょう?

本多忠勝役の高田延彦さん。プロレスファンの皆さんはご存知かと‥‥。私、全然知らない。


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

功名が辻 第31回 「この世の悲しみ」 [功名が辻]

(勝手にサブタイトル「よね~(TT)」)

虫の声が響く庭。千代が虫の声に聞き入っている所に康豊が現れました。
よねは虫の寝床を作りにいっている。(「虫を愛でる姫」なのですね)
コオロギを捕まえようとして逃げられ、康豊に止められました。
小さな駕籠に閉じ込めるのは可哀想だから。玉の事を重ねているようです。
代わりに草で上手にコオロギを作ってくれました。よねちゃん、大喜び。
かなり上手に作れてますよ。うま過ぎです。(でもあれバッタだよね)
康豊からもらったコオロギ(?)。よねはそんな優しい康豊に初恋を‥。

一豊様の寝巻きがかなり豪華に‥‥。
シルクでしたぞ。いやいや、絹でしたぞ。(一瞬シルクのガウンに見えました)
帯をくるくるっと殿は自分で巻いて着てました。
す‥す‥素敵でした。
康豊に嫁をもらう事を考えている一豊。
玉に恋をしている康豊を敏感に悟った千代でしたので、一豊にそれとなく話してみたり‥‥。
一豊は「横恋慕などもっての他じゃ」と怒っていましたが、その反応に一豊らしさを感じてしまいました。
真面目だね~。玉はだって人妻だからさ~。
でも「あんたも浮気したじゃん」とばかりに、千代はふる~い話を持ち出して、責めてました。
すねる千代。動揺する一豊‥。おもしろいよ、この夫婦
「明日は早いから」と就寝を勧める千代の言葉に乗っかって、一豊は逃げるように就寝。
浮気はするもんじゃありませんな。

千代とよねに見送られ、一豊は長浜を離れ、京に。
これが永遠の別れになろうとは思いますまい。
城主としての出立は、誇らしげでした。
京で康豊を秀吉に紹介した後、任務で今度は三河に織田長益と家康を訪問。
一向に秀吉に挨拶に現れない家康の上洛を促す為です。
交渉ごとはダメなんだってば~、殿には無理だべ~。
一豊には珍しく軽く脅迫していましたね。でもダメ~。
そんな事じゃ家康は上洛しませんでした。逆に脅されてやんの!
「いつなりともお出ましあれ」
あ、それからあの絵、聞いた事ありますよ。
三方が原の合戦で命からがら逃げ帰ってきた時に、馬上で怖さの為脱糞した家康は二度とこんな惨めな戦をする事がないように、絵師を呼び、その状態のまま絵を書かせたという。
人生の岐路に立った時に必ずこの絵を見て、自分を戒めたといいます。
苦労人です、家康って。
西田家康、なかなかかっこいいではないですか。目がするどい。

よねは母に康豊に恋している事を打ち明けます。お母様だけにこっそりね!
母の千代もあれぐらいの時に一豊に恋をして、一豊からもらった草鞋を大事にしていましたっけ。
もうあの頃から一豊のお嫁さんになりたいと願っていましたもんね。
ですが、この当時は婚姻の範囲内とはいえ、叔父と姪の関係。それに康豊は玉が好き。
恋というものは全て幸せな想いだけをを運んでくるものではないと言う事を千代はよねに諭すのでした。
しかし千代はそんな事も考えるようになったよねの成長ぶりを嬉しく思うのです。
このシーンの千代はこれまでにないほど綺麗でした。母親らしくなったね。それにちょっと艶やかで。
よねにあつらえた自作のパッチワーク小袖をプレゼント
嬉しさのあまりよねはおおはしゃぎ。かわいいのだ。
でも柄が細か過ぎて、千代の小袖ほど魅力はありませんでしたけどね。
配色もあまり好きじゃなかった。(よねが気に入ってるんだからいいじゃん!)

鳥たちが慌しく飛び交い、きじの泣き声や犬たちの遠吠えが響く。(六平太来るか?!)
何か起きそうなおどろおどろしい雰囲気。いやだなあ~。
「火の用心を頼むんだぞ」と出立する前に一豊から言い遣った言葉を守って、城の見回り
に千代は忙しい。なんとも言えぬ雰囲気に何かを予感したのでしょうか?
よねは母のそばを離れたがりません。一緒に見回りをするというよねを
千代は叱り、部屋へ帰しました。城主夫人の任務は果たさないと。千代のつらさもわかります。
後ろ髪ひかれる想いだったようです。
怖さを母に縫ってもらった小袖を抱いて堪えるよね。
いじらしい姿。しかし悲劇が‥。
動物達の予測は的中。1585年11月29日。長浜は大きな地震に見まわれました。
一豊が城主になってからわずか4ヶ月目の出来事でした。

辺りは瓦礫の山。
多くの者達が死に、または傷を負い、千代はまずその者達の手当ての采配をします。
侍女からよねの消息を気遣われて初めて、彼女は奥のよねの様子を‥‥。
よねの部屋は無惨に崩壊していました。
新右衛門の取り乱し様も尋常ではない。
家臣達の必死の捜索の甲斐も無く、見つかったのは冷たくなったよねの姿でした。
侍女の初野もかばって落命したみたいです。
柱が折れて二人の上に落ちていました。ひとたまりもありませんね。
ひたすらよねの名を呼び続ける千代。
生まれ出る事を皆に待ち望まれて生まれ、多くの人々に可愛がられたよね。
つらくやるせない侍勤めの父を癒し、いつも元気な母と仲良く楽しませたたった一人の娘。
山内家からこの天使を神は連れていってしまいました。しかも、こんなに突然に。

三河からの帰路に長浜のひどい様子を目にする一豊一行。
そこによねの訃報を持った家臣が現れました。
突然の事に驚く一豊でしたが、織田長益の厚意により、馬を走らせる事が出来ました。
当然あの馬は千代の十両で買うことが出来た「唐獅子」君です‥‥よね?
(赤のフサフサがついてたからそうなんじゃないの?)
原作では、小牧長久手で失ったようですけど。
殿の乗馬の姿がかっこいいの。
殿はそれどころではないですけど。

放心状態の千代。まだよねを喪った事を実感出来てない。
法秀尼が駆けつけて、よねの遺骸を抱き締め、「私が代わってやればよかった」と泣く声に
初めて我に返ります。法秀尼の言葉はなんであんなに心を打つんでしょう?
千代の心を堰きとめていたものが動き出し、ついに千代はよねを抱きしめて、大声で泣きつづ
けるのでした。千代の慟哭が悲しかった。
法秀尼:「よねは一豊と千代に守られた子であった」
千代:「守れませなんだ」

一豊も帰ってきますが、千代の落胆振りを目にして、心を痛めます。
千代は自分を責めつづけていました。ずっと、ずっと。
千代:「お許しくださいませ。私が付いていながらお許しくださいませ」
信じられない光景にゆっくりと膝をつきながら、一豊は力なくつぶやく‥‥‥。
「千代のせいなどではない」
千代:「あの時私が側に付いておれば、このような事には。皆私が悪いのです。いっそこの手で私をあの世に送ってくださいませ」
一豊が千代の肩に添えた手を握り、千代は懇願します。
それを叱り飛ばし、励ましたのは法秀尼でした。
法秀尼:「何をいう。そなたは一豊の妻でもあるのですよ。長浜城の奥向きも金子のやり繰りもそなたがいなければなりません。泣きたければ泣きなさい。じゃがよねの後を追う事だけは許しません」
(「何をいう」と言った後、「早見優~」という村上ショージが頭に浮かんで消えたあなた!
あなたは「立派な関西人」です。何を隠そう、こんな状況の時にこの私も‥‥泣き笑いでした)
あんまりにも立派な法秀尼の励ましに殿はこの時出番はあまりなし。

しかし、この先からが上川氏の真骨頂。
一豊がよねの頬を撫でながら、
「冷とうなって‥‥」とつぶやくところで、私の目は洪水になってしまいました(TT)
もうハンカチ、いやいや、タオル、え~い、バスタオル持ってこいちゅうねん!
殿はよねを抱いた千代を大きく包み込み、天を見上げてハラハラと落涙するのです。
「大名になる幸せの代わりに天は我らからよねを奪ったのかの」
この独白は千代がおいおい泣いている姿よりも、もっと胸にせまる言葉でした。
多分、怒りに近かったはず。
あんなに二人は可愛がってたのに~。
ひどいやんかあ~。オイオイ、ウルウル。
一豊が出世して長浜城を与えられなければ、よねは助かっていたのでしょうか。
千代が一緒にいたいとダダをこねるよねを部屋に帰していなければ、やはりよねは助かったのでしょうか。
長浜にはよねを喪う為に来たようで、やるせない。
よねと千代の最期に交わした言葉がよねに寂しい想いをさせた言葉である事がまた辛い。
泣き叫びたい想いを千代の為に抑えていた一豊の慟哭が聞こえてきそうで、私も辛かった。
千代の胸を掻き毟りたいような想いが伝わってきて、私も心が痛かった。

よねの葬儀が終わり、二人は城の修復が終わるまで京に移り棲みました。
多分、「虚無」の日々だったと思います。
仏壇の前で手を合わせる一豊と千代。
形見の小袖と康豊にもらった草で作ったコオロギが傍らにありました。
コオロギは生き残ったようですね。最期までよねが大事にしていましたから。
「叔父上(康豊)のお嫁さんになりたい」とこっそり母に漏らした秘密。
父は当然知りません。
「ついこの間生まれたと思ったのに、もうそんな事を考える年頃になっていたのか」
もうそれ以上の年になる事はないのです。
「このように泣いてばかりおってはよねが成仏できません」と言った千代に、
「ではもう泣くまい」と涙の瞳で誓う一豊。
直前に吸い込んだ呼吸の強さが一豊の誓いの深さを物語っていましたね。愛情深い父の姿。
だけど‥。「わしらはこれから‥‥」は一豊が漏らした本音。
誰の為に我らは生きていけばいいのか。誰の為に働いて、一国一城の主を目指せばよいのか。
千代の肩にそっと添えられた手が本当に優しく、肩を引き寄せた腕が悲しさを強調していました。

よねの形見の小袖を同じ年頃の娘に着てもらいたいと千代は市井に出かけます。
こんなに思い入れの強いものを置くと、きっと思いを断つ事が難しいと思ったからなんでしょう。
やはり同じぐらいの背丈の子を見ると目が追ってしまう様子。
ある上品そうな女性が連れた一人の少女を見た千代は彼女達に声をかけました。
娘が着る筈であった小袖をもらって欲しい。
正直言って、嬉しくないんじゃ?
何だか亡くなった人の身につけていたものもらうの嫌だと思うんだけど。
その娘は四条・天竺屋という豪商の娘で、上品そうな女性の方はその侍女でありました。
ロザリオをつけた二人を見て、千代は咄嗟に二人がキリシタンである事に気づきました。
キリスト教では「死は悲しい事ばかりではない。神の元に召される幸せでもございます」と言われた時、千代は少し救われたと思います。千代の顔にやすらぎが浮かびました。
その教えを聞き、南蛮寺を訪れた千代でしたが、なんとそこには玉がいました。

後悔の念に苦しみ続ける千代に玉は優しい言葉を掛けます。
キリスト教の概念に「輪廻転生」という概念はないんだそうです。初めて知りました。
死した後は浄化され、神の元で幸せに過ごす事ができると訊いた千代。
先ほど出逢ったせつさんとこの玉さんの言葉で、よねの死を受け入れる事ができそうです。
全ての事を許せるように強くなろう。そうやって生きていこう。
いつも人を励ましてばかりの千代さんですが、今回はたくさんの人に励まされました。
今日の玉さんも法秀尼もせつさんも素敵な女性ばかり。
千代、元気になってください。一日も早くいつもの千代に戻れますように。

功名が辻放送直後、私たちの地方で地震がありました。こわかったよ。
思わず、床を押さえてましたよ。(押さえてなんとかなるのか?)
地震の恐怖はこのドラマで感じていたところだったから、家族みんな一瞬凍りつきました。
大した事なくてよかった。

それにしても動物達の地震予知能力の凄さには感心しますね。
私も実感する出来事を経験しました。正確には母が経験したのですけど。
以前猫と犬を飼っていた時がありました。深夜の2時頃からいつもはおとなしく母の腕で眠って
いる愛猫がその日は全く落ち着かなくなり、部屋中を走り回って、時には「う~」と鳴いたりし
ていました。窓を自分で開けて飛び出そうとするのを、母は何度も「静かに寝なさいよ」と捕まえ
ベットに連れてきましたが、結局、眠らず‥‥。
そして起こったのは、阪神淡路大震災でした。
ちなみに犬の方は‥‥‥。私に起こされるまで爆睡してました。私に抱きかかえられ、机の下に
避難した時もかなり寝ぼけ眼‥‥。「え?何が起こったん?」って感じ。
野生の感、ゼロやな。

BS hiで見ている時はじっくり見れましたが、総合の時は弟がドラマをずっとチャカしていて‥
子供かあ、おまえは‥‥。
旦那さんがこんなだったり、子供がこんな風だったりして、邪魔をされる方も多いと思います
が、くじけずにみましょう。
(人が真剣に見ていたり、内容が深刻であったりするとどうやら チャカしたくなるみたい。ひねくれ者!)

上川氏のインフォメのメッセージコーナーが更新されていて、新事実が‥‥‥。
なんと、吉兵衛の最期のシーンですが、一豊が吉兵衛に駆け寄ってから後は全部二人のアドリブ
でした。一部じゃなかったんだね。そして上川氏だけのアドリブでもなかったんですね。
いい仕事しましたね、お二人さん。
(武田さんは彼を立てて何も言いませんでしたが、上川氏は雑誌やHPに自分だけのアドリブって書かれ、自分だけが賞賛をうけているのが、納得いかなかったんですね。随分心苦しかったようです。記事などでも歪曲されて掲載される事が多いと聞いておりました。諦めていらっしゃるようですが、彼がマスコミを避ける事に拍車をかけならなければいいんですけど‥‥。ちょっと心配です)

次回も涙の回になるようです。秀吉の妹旭に数奇な運命が‥‥‥。
泣かされぱなしですわ。


nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

功名が辻 第30回 「一城の主」 [功名が辻]

(勝手にサブタイトル「でかっ!」)

殿、ついに城持ちに。レベルアップ~♪チャララララッチャラン レベル10(一気に!)
2万石と長浜城です。吉兵衛、見ているかい?TT
お髭の殿。ルンルン。貫禄でましたなあ。着物も一段と上等になりました。
どうやら実際のところ、あのお髭が取れ易いようで、殿は笑う時も押さえて笑ってらっしゃるとか。
多分あんなお髭などの接着剤は結構キツイと思うので、殿のお肌に影響がなければいいんだけど。
(大きなお世話?)殿、お肌、弱そうな気がします。荒れたらかゆいからねえ。

千代も打ち掛けが非常に艶やかで、さらに鬢髪が豊かになって、綺麗さ倍増。
今の髪型の方が好き。大人っぽいです。
赤の打ち掛けがほんとよく似合いますね~。綺麗でかわいい。

吉蔵が正式採用となりました。吉兵衛の弟でございます。
よろしくね。殿を頼むよ。性格はお兄さんとは違うようで、ちょっとマイペースかな?
オグちゃん、あじがありますね。
さらに山内家は家臣も増えた様子。
「燃えよ剣」「SHIROH」で共演の林洋平君の名前が山内家家臣の一人にありました。
うれしいなあ。同じ事務所でしたね。
それから赤鼻の家臣がむちゃ気になる。

長浜城の天守から眺める琵琶湖。綺麗ですね。吉兵衛にも見せたかった。
(新右衛門には見せてやってくださいね)
二人で感慨深げに琵琶湖を眺める姿。おだやかな二人なのでした。
千代はちゃんと一豊に一城を得た事の感謝を述べ、一豊は千代の御蔭と内助を労う。
ウワベだけの言葉であればしらじらしさを感じるのでしょうけど、二人が本心で感謝しあっている事がわかるシーンでした。
二人が仲が良いのはお互いの労をきっちりと労うからなんだよね。
上川氏はどうやら他の共演者からの良い演技で感情を増幅させる気をもらい、それを共演者にお返しする力があるみたいです。共演者からのコメントの多くに「彼の目を見て演技すれば、自然と感情が出る」という言葉を耳にしたり、目にしたりします。多分、このシーンはその言葉を納得させられる
場面でしたよ。
いろんな共演者とセッションする事で成長させてもらっているし、ほんとうらやましい。
充実してるよね。

秀次は近江八幡城主となりました。それに際し、一豊・吉晴・一氏の三人は秀次の宿老に。
宿老とは平たく言えば、重臣の事です。最高幹部なんでしょうね。
すごいなあ。秀吉の後継者である秀次の家来のトップとなると、ほんと天下に近いじゃないですか。大臣クラスって事だよね。一豊達は大抜擢です。一豊もどうやら秀吉の信頼を取り戻した様子。
よかったね。城はもらえるわ、宿老になるわ、言い事続きました。
ちょっと気になるのは、秀吉が秀次に対して発する言葉。「甘ったれの秀次を一人前の大名にしてやってくり~ぃ」。秀次の顔に蔭が差しました。
後継ぎと決めた甥っ子だからこそ厳しいのでしょうけど、その一言一言が秀次を追詰めている気が
します。にぶ~い一豊でさえもそれに気づいて、秀次の心を気遣い、顔色をうかがっている。
(後ろに控えてるから顔は見えないって?)
秀次をフォローしている一豊って優しい。そんなフォローも秀吉に一蹴されてしまいました。秀次の心は傷つくばかりのようです。

奥方が三人揃うと艶やかですね。特に後ろ姿。(何で?正面でもいいんじゃあ?)
3人の性格が顕著に出てたシーンでした。
「天下」について見解がそれぞれ違う三人の奥方たち。
吉晴夫人いとにとっては「豪華な着物と美味しいご馳走が食べ放題」
一氏夫人としにとっては「同僚から抜きん出ること」
しかしながら、出世が遅れた一豊の妻千代はたっぷり嫌味を言われてました。
なんか一氏に似てきたなあ、としって。似たもの夫婦なんかな?
ちなみに千代にとって「天下」とは?
「平和な世にすること」。まだまだ平和な世は訪れませんね。

行方知れずの実弟康豊が帰還しました。
総髪がとっても似合います。(私は殿の総髪の方がいい~)
本能寺の変では信長の長男信忠に仕えてたんだって。
兄貴が信長に仕えた事をあんなに批判したのに、自分は信長の長男に仕えてたんだねえ。
本能寺で織田家が滅ぼされると、織田家臣たちも討たれることになる。
山内家が絶える事を恐れ、「生きる」事を優先にして逃亡。ところが秀吉軍は大勝、康豊の行為は信忠の家臣達の批判に合います。流浪の身となった康豊は流れ流れ、味土野に逃れて、玉に拾われた。なんてドラマチック。というか出来過ぎ。
女二人で隠棲している所に、手負いとはいえ男の人を匿うものかどうか大いに疑問が残るところですが、玉の御蔭で康豊は療養する事ができたらしい。
玉は慈悲深いね。多分、人と会う事に飢えていたんだと思う。孤独だったんだよ、きっと。
そこへ細川忠興が玉を宮津城に呼び戻しにきました。
玉の心は複雑そうです。城に戻れる事は嬉しい。でもあの城で再び暮らせるだろうか。
自分自身も不安と喜びが交互に心を巡りながらも、玉は康豊を励ます。
「流れに逆らわず、素直に生きてみたらどうでしょう」
玉の言葉は康豊の心に光を差した。もう一度、武士として生きてみようと決めた。
玉も宮津城に戻る事になりました。

玉の言葉を心に刻み、その御蔭で兄弟仲直りできたみたい。康豊が頭を下げました。変わったね。
一豊だって弟の事心配してたんだよ。
法秀尼にとっても康豊の帰還は心から嬉しかったに違いない。一豊も可愛い息子ですが、康豊も
同じく大事な我が子だから。ひたすら、抱き締めて泣くしかなかったみたいです。
康豊は一豊に仕える事になりました。重臣が、特に血縁の重臣が一人増えました。心強い。
兄弟仲良くして欲しいというのはおかあたまの願いだったから、よかったよ。

それにしても玉がやっぱり可哀想です。
長く留守にしていたばかりに可愛い我が子達は母に懐かず、忠興には側室がいて、その女性は女の子を出産したらしい。口では「愛しているのはおまえだけだあ」なんていってるけど、本心かしら?
玉は一人ぼっち。やっぱり戻らなかった方がよかったんでしょうか?
そばに忠実な侍女、小侍従がいてよかった。この人がいなかったら、玉は救われない。

山内家長浜城入城の立役者はどうやら寧々らしい。彼女が一豊を秀吉に推薦したみたい。
この寧々はとても組の姐御のように描かれていますが、史実に残る寧々は賢夫人として有名。
夫と同様、頭が切れ、細やかな女性であったようです。だから夫達の側室達を良くまとめ、側室達は正室の寧々に一目置いていたらしい。秀吉亡き後も側室達との交流があったみたいです。
(ま、他の武将達の夫人達との交流も怠らなかった人だったからね。淀殿以外のお話ですが)
私はずっと淀殿よりもこの正室の方が好きでした。
(かつて飼っていた犬の名前は「ネネ」でした。あんまり関係ない?)
寧々と千代のやりとりは楽しい。
よねを見て、寧々は「利発な子じゃ。よね姫はお顔や利発さもそなたに似ておる。よかった、よかった。」
それを聞いた千代は「そのような。夫ががっかりいたしまする」
寧々「一豊殿の前では申しませぬ。安心なされよ」
千代「安心いたしました」
そして二人で「むふふふふ」と笑い合ってました。なんか身近な会話だなあ。聞いた事あるぞ。
殿、かわいそう(ぼそっ)

あの噂話も女同士でよくあるパターン。「玉と忠興はうまくいっていないらしい」と。
寧々は興味津々。でも寧々にとっては他人事ではありませんでした。
秀吉は今度は玉を狙ってるらしい。お茶々にもかなり気があるようですが。
多分、コレクションみたいな気分なんじゃないかと思う。綺麗と聞くと集めたくなるんだよ、きっと。
「妖気がある」と幽斎が言っている玉の事をさらに興味を持ったようです。ね、まさにコレクターでしょ。
それにしてもあの舅さん、ちょっとひどいね。(もしかしたら、秀吉の懸想を知って懐柔したの
かもしれませんが、一体誰達のせいで、玉の心が凍ったと思うんでしょうか!!!)
お茶々の事を見抜いている寧々です。彼女の心の中では戦を続けている事を知っていました。
この後の二人の対決が楽しみですね。

一方、茶々ですが‥‥。すっごい積極的だね、石田三成へのアタックが‥‥。
秀吉に側室にされる前に三成とただならぬ関係になっておきたいみたい。
恋心か?茶々から発せられたのは恋心とは思えぬ激しい口調ですよ。
三成、「上様を猿呼ばわりしてはなりません」。その一言が三成の答えでした。
しかし、一豊同様、女性の誘惑に三成が絶え続けられるでしょうか?
(小りんとは随分立場が違し、事実がバレれば首が飛ぶけどね。タイヤはスタッドレス。ブレーキは多少利くかな?)
まだお茶々の心はよくわからん。大蔵卿局が秀吉派に傾いたから、それに対抗しただけなのかな?
お茶々の三成への愛情はそれほどないんじゃない?
そして三成が陥ちなければ、大野治長に鞍替えする展開になるんでしょうか?
(だから石田三成は「義の人」?そんな事でなのかい!)
勝手に展開を予想中。というか妄想中。

よねちゃん、お習字の練習。筆の持ち方がちょっとおかしい。綺麗に書けてるけど‥‥。
殿が二人の前に慌てて登場。よねの習字を誉めるも、あんまり心入ってなかったね。
「それどころではないのだ~」って風でした。無視しなかっただけ、偉かった。
山内家に一大事。佐々氏が明渡した富山城の受取があるのですが、それに向う軍の部屋割りや食糧の手配などを任されました。こんな仕事はした事はないと不安がる一豊に反して、千代はやる気満々。家臣侍女総出で大接待。奥方の千代はもちろん、よねちゃんも借り出されてます。
楽しそうですけど。
侍女達が一生懸命おにぎりを握っております。初野も千代も。
おいおい、よね、それはでかすぎますよ。巨大なおにぎり作って、みんなに笑われてました。
思わず私もテレビに向かい、本気でつっこんでました。「でかっ!」
(おにぎりを握っている侍女達を流して撮ってましたが、最後がよね。オチじゃん)
「同じ大きさにしなくてはいけません」と注意された後、よねちゃんは手で割って、おにぎりの量を減らしてました。かわいい。
今回も新しい演出が‥‥。早送りという‥‥‥。
軍の人々は沢山食べ、千代達は沢山おにぎりを作ってました。
千代達、おにぎり作る。武士たち、おにぎり食べる。家臣たち、蔵から米俵運ぶ。グルグルグルグル‥。
御蔭で接待された方は大満足だったようですよ。

部屋割りで一生懸命働く康豊と吉蔵の二人を廊下の角から少し顔を出してこっそり見ている一豊夫婦。二人で微笑みあってました。
もう一豊は40歳代なんでしょうけど、ほんと可愛らしい夫婦ですよね。
気疲れした一豊の肩を千代が揉んでましたね。よかったね、殿! 役得、役得v(^^)v
本当に気持ちよさそうでしたよ。うらやましいと思った人がどれほどいた事でしょう。
あまりにも大盤振る舞いした長浜城。一豊は蔵の中を見て呆然。使い過ぎじゃない?蔵は空っぽ。
「こんなに~」と焦る一豊。いざ、戦が始まったら、どうしようもない。
これまた千代はそれに反して、楽天的。当分戦もないし、秀吉様に縋ればいいじゃんと全然心配してません。
期を見て使う時に迷わないこの夫人、秀吉と寧々と同じ。
思いっきりがいい。でも自分の洞察力に自信がないとこんな事できないよね~。器がでかいよ。
「このような事で悩んでいてどうなさいます?!末は国主様になられるお方が」
一豊をよねと一緒に「国主様」と呼んで、持ち上げていました。
最初は「よさぬか」と困惑している一豊ですが、そのうち嬉しそうに「いつかはなってやるぞ」と改めて誓っていました。うまい具合に乗せられたみたい。単純なんだから~殿ったら。
誉めて元気づけて、相手の気持ちを盛り上げる事は大切です。
相手が男性であろうと女性であろうとね。
ま、普通は千代みたいにうまくはいきませんけどね(^^;
ちなみに殿、森迫ちゃんは重かったようで、ちょっと抱っこに違和感が‥‥。
(森迫ちゃんは細いけど、想像より重かったかあ?)

来週は悲しい回になりそうです。
土曜日に大きな山となっているステラを整理していた時に、「新しきいのち」の回の記事を読みました。その記事読み返したら、さらに来週の展開は残酷で悲しく感じます。涙出てきそう。
予告の曲が怖すぎる‥‥‥。

☆☆☆今週の初登場☆☆☆
筒井真理子さんだあ。第三舞台という嘗て鴻上尚史氏が主宰していた劇団の看板女優でした。
とっても好きな劇団でした。現在活動中止中でしたっけ?
「IQエンジン」という番組が好きで、その番組で第三舞台を知りました。
あの番組、面白かったのになあ。出演に大高洋夫さん、筧利夫さん、京晋佑さん、勝村政信さん等。彼女のアイメイク方法が変わっていて‥‥‥。舞台の時だけですけど。
下瞼に白い点を入れると、ライトが当たった時に瞳がキラキラ光り綺麗に見えるらしい。
「すっご~い」と感心したものでした。
(決して普通の人は真似しないでください。「メイク失敗したの?」と笑われます)
2時間ドラマ出演多数、名バイプレイヤーです。
今回は玉の侍女小侍従の役です。玉がお嫁入りした時に光秀につけられた侍女だったみたい。

余談
再来年の大河ドラマの題材が決定しましたね。
主人公は天璋院篤姫という事でした。「大奥」で菅野美穂さんがやったお人ですね。
大河においては「幕末もの」はヒットしないという話ですが、どうでしょうか?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060802-00000022-spn-ent
(Yahoo!Japan ニュースより)


nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | - 功名が辻 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。